古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

【VW ゴルフGTI 試乗】初代GTIの爽快感を連想させる…島崎七生人

レスポンス のロゴ レスポンス 2017/07/11 島崎七生人
【VW ゴルフGTI 試乗】初代GTIの爽快感を連想させる…島崎七生人: VW ゴルフGTI 6速DSG 【VW ゴルフGTI 試乗】初代GTIの爽快感を連想させる…島崎七生人

赤ライン、チェック柄のシート、ゴルフボール型シフトノブ(MT車の場合)。“GTI世代”なので、そうしたアイテムを目にすると、ついホロッときてしまう。

新型GTIも、もちろんそれらは踏襲された。が、赤いラインは、ハニカムグリル(パターンが微妙に新しい)からヘッドランプ各灯個々に跳ね上がって伸びるあしらいに変更。フォグランプ回りを含むバンパー形状も新しい。

初代の赤ライン、ブラックのVWサインは前を行く高性能車にアピールするためのものだったが、今はその必要があるかどうかは別として、変わらずゴルフGTIであることがひと目でわかるルックスだ。ホイールは現代的な切削&黒塗装だ。

インテリアでは、実車で観察すると前席形状(サイドサポート部)の僅かな変更が行なわれている。着座感も座った瞬間よりフィットする印象があったから、クッションなどの見直しが図られているかもしれない。それと遂に液晶メーターがこのGTIにもオプション設定された。またタッチスクリーンも機能が格段に向上し、ジェスチャー操作で、専用アプリを利用しながら手持ちのスマホとの連携も可能に。現代的な装備が盛り込まれた、という訳だ。

走りはどうか? 今回、スペックで見ると2リットルターボの最高出力が+10ps増強された。が、それ以上に注目したいのは、6速DSGの1~6速のギヤ比の変更(6速MT車は変更なし)。このことは実際に走らせて見ると、各段の気持ちのいい伸びのよさで実感できた。個人的には“ゴルフ2”に最初に設定されたGTI(SOHC版)の爽快だった走りを連想した次第。乗り味もしっとり、しっかりとしたもので、実用になりつつ、然るべき場面でスポーツドライビングが堪能できる、GTIらしい仕上がりぶりだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

レスポンスの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon