古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

アウディSQ2(4WD/7AT)【試乗記】

webCG のロゴ webCG 2020/02/12 17:00 webCG

アウディSQ2(4WD/7AT)【試乗記】 © webCG 提供 アウディSQ2(4WD/7AT)【試乗記】

アウディSQ2(4WD/7AT)

こう見えてスポーツカー

アウディのコンパクトSUV「Q2」のラインナップに、動力性能を高めた「S」モデル「SQ2」が登場。小柄なボディーに最高出力300PSの高出力ターボエンジンと「クワトロ」フルタイム4WDを押し込んだハイパフォーマンスSUVは、いかなる走りを見せるのか?

0-100km/h加速4.8秒の俊足マシン

アウディSQ2は、同社の最もコンパクトかつベーシックなSUVラインであるQ2をベースに「S」化したモデルだ。Sの上にアウディスポーツがゴリゴリに手を加えた狂気的な「RS」があるのはご存じの通りだが、ストリートモデルとしてのバランスのよさはSの側に軍配が上がる。個人的には現行の「S4」などは、現在のアウディのラインナップにおいては白眉(はくび)の一台だと思う。

0-100km/h加速は4.8秒、最高速度はリミッター作動で250km/h。SQ2は額面上、そのS4とほぼ同等の動力性能を誇るほど俊足なコンパクトSUVとして仕立てられた。搭載するエンジンはEA888系の2リッター直4直噴ターボで、そのパワーは300PS、最大トルクは400N・m。トランスミッションは湿式デュアルクラッチの7段Sトロニックを組み合わせる。その大パワーゆえ駆動方式は当然「クワトロ」となり、カップリングには理論上100:0~0:100の前後駆動配分を実現する第5世代ハルデックスが用いられている。

同門には同じ系統のパワー&ドライブトレインを持つ「S3スポーツバック」があるが、SQ2はそれよりわずかにパワーアップが果たされていながら、価格は30万円以上安い。いやいやSQ2はBセグメント相当だし車格が違うでしょうという話になるかもしれないが、実寸は全長4220mm、全幅1800mmとほぼほぼCセグメント級に達している。

© webCG 提供

Bセグメントで722万円!?

とはいえだ。599万円の価格は絶対的には高い。そのうえ試乗車は235/40R19インチのタイヤ&ホイールや、ダイヤステッチのファインナッパレザーコンビシートなどがおごられるインテリアパッケージ、Bang & Olufsenのオーディオなどが装着され、価格は722万円に跳ね上がっていた。

が、これが著しく不当な値付けかといえばそうではなく、ドイツでの価格も邦貨換算すると約540万円~となっている。現状、日本でQ2シリーズのクワトロを選ぶとすればこの選択肢しかないというのは実に残念だが、ドイツで販売されている「35 TDIクワトロ」や「40 TFSIクワトロ」の価格も約430万円~と知れば、インポーターが判断に苦しむのも理解できなくはない。要はコンパクトSUVカテゴリーにおいての四駆のニーズは、欧州であっても小さいということだろう。

内装をみるに、確かに張り込んだオプションだけあってシートのレザーは表皮のタッチや縫製の質感も高く、クルマの“格上げ”に大きく貢献している。後席の居住性も、車寸に準じてBセグメントを大きく超えるところにあるという印象だ。標準状態で355リッターと、Cセグメント級の容量が確保された荷室の使い勝手も悪くない。通常は2名、週末はときどき4名乗車みたいな、都市生活者によくありそうなクルマの使われ方を受け止める器は、しっかり備わっている。

© webCG 提供

300PSを御す4WDとサスペンションの妙

フォルクスワーゲン グルーブのホットハッチではおなじみの4気筒ユニットも、SQ2においてはサウンドチューニングが一段と勇ましい。ドライブセレクトで「ダイナミック」を選択すると、クルマがSからRSに変身したかと思わせる5気筒ライクな中高音が、スピーカーを通して実音に織り交ぜられる。お化粧の控えめさを由(よし)とするS系の割にはだいぶ盛っちゃってる印象だが、もちろんこの演出はキャンセルすることもできる。

そもそも4気筒の純粋なサウンドも十分スポーティーだし、吹け感もシャープだ。6500rpm付近までぐんぐんと駆け上がるパワーの乗りや伸びもスポーツユニットとして文句はない。一方で、低回転域ではしっかりとトルクの厚みを感じさせながら、高いギアでも小柄な車体をぐんぐん押し出してくれる。もちろんSトロニックとの連携にも違和感や不快さを覚えることはない。この辺りのすり合わせはこなれたものである。

メカニカルグリップは縦にも横にも強力で、300PSをまったく持て余すことはない。クワトロのありがたみそして頼もしさは、ドライ路でも十分実感できる。特に中高速コーナーでのスタビリティーは車格を忘れさせるほどに安定していて、四駆化に際しマルチリンクとされたリアサスペンションのドーンと構えた粘り気が、それを生み出していることが伝わってくる。加えて試乗車は19インチのロープロファイルタイヤを履いていたことも、頼もしさにつながっているのだろう。

が、そのフットワークチューニングの弊害は、低中速域の乗り心地に表れている。

© webCG 提供

乗り心地はちょっと物足りない

SQ2は路面の変化に対して敏感で、マンホールや橋脚ジョイントなどの人工的な段差のみならず、凹凸やヒビ割れといった舗装の荒れも敏感に受け止めて上屋を揺らしてしまう。特に突き上げ系のインパクトが強いのはタイヤの癖によるところもあるかもしれないが、いずれにせよ乗り心地が落ち着く速度域が高めなサス設定となっているのは間違いない。

この点、S銘柄の兄貴分であるS3やS4は、全域で軽やかさやしなやかさをうまくバランスさせているだけに、ちょっと物足りなさを感じてしまう。少なくともタウンスピードでの乗り心地を重視するなら、標準の18インチにしておくに越したことはないだろう。

ともあれ、SQ2は扱いやすいコンパクトなボディーにスポーツカー級の速さを詰め込んだ稀有(けう)なSUVである。4本出しマフラーの後ろ姿がいじましくも、エクステリアの威嚇感が抑えられているあたりも好感が持てる。秘すれば花なりのクールさをアウディのブランド価値とするならば、相変わらずS銘柄はそのあたりを絶妙にくすぐってくる悩ましい選択肢だ。

(文=渡辺敏史/写真=荒川正幸/編集=堀田剛資)

© webCG 提供

テスト車のデータ

アウディSQ2

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4220×1800×1525mm

ホイールベース:2595mm

車重:1570kg

駆動方式:4WD

エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ

トランスミッション:7段AT

最高出力:300PS(221kW)/5300-6500rpm

最大トルク:400N・m(40.8kgf・m)/2000-5200rpm

タイヤ:(前)235/40R19 96Y/(後)235/40R19 96Y(ブリヂストン・トランザT005)

燃費:11.6km/リッター(JC08モード)

価格:599万円/テスト車=722万円

オプション装備:ボディーカラー<デイトナグレーパールエフェクト>(6万円)/アルミホイール SダブルスポークVスタイルコントラストグレー バートリーポリッシュト 8J×19+235/40R19タイヤ(13万円)/オートマチックテールゲート(7万円)/バーチャルコックピット(5万円)/Bang & Olufsenサウンドシステム(12万円)/カラードブレーキキャリパー レッド(5万円)/アシスタンスパッケージ<サイドアシスト+アクティブレーンアシスト+トラフィックジャムアシスト+リアクロストラフィックアシスト+プレセンスベーシック+ハイビームアシスト>(13万円)/ナビゲーションパッケージ<MMIナビゲーションシステム+TVチューナー+8スピーカー+スマートフォンインターフェイス>(36万円)/SQ2インテリアデザインパッケージ<ファインナッパレザー[マグマレッド]+マルチカラーアンビエントライティング+レッドアクセントリング付きエアコン吹き出し口>(26万円)

テスト車の年式:2019年型

テスト車の走行距離:1310km

テスト形態:ロードインプレッション

走行状態:市街地(5)/高速道路(5)/山岳路(0)

テスト距離:273.0km

使用燃料:31.3リッター(ハイオクガソリン)

参考燃費:8.7km/リッター(満タン法)/8.6km/リッター(車載燃費計計測値)

© webCG 提供

webCGの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon