古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

骨折以来のサーキット走行!☆「YSP鈴鹿サーキットランミーティング」(梅本まどか)

webオートバイ のロゴ webオートバイ 2019/12/03 11:30 梅本まどか
© webオートバイ 提供

11月19日に鈴鹿サーキットで行われた「YSP鈴鹿サーキットランミーティング」に参加してきました!

毎年行なわれているイベントですが、私はこの日が初参加。

でも、今年4月にグロムのサーキット練習中に転倒、右肘を骨折してしまい、それ以降はレーシングスーツを着る事もなく半年ちょっと過ぎていたので「まだ恐怖心がある気がする...大丈夫かなぁ」なんて思っていたのですが、初めてサーキットを走る人にも優しいクラスなど、レベルに合わせて3つのクラスから選んで参加できるという事で、私は初心者クラスのCR(クルージング)クラスで走る事にしました♪

画像1: 11月19日に鈴鹿サーキットで行われた「YSP鈴鹿サーキットランミーティング」に参加してきました! © webオートバイ 提供 画像1: 11月19日に鈴鹿サーキットで行われた「YSP鈴鹿サーキットランミーティング」に参加してきました! 画像2: 11月19日に鈴鹿サーキットで行われた「YSP鈴鹿サーキットランミーティング」に参加してきました! © webオートバイ 提供 画像2: 11月19日に鈴鹿サーキットで行われた「YSP鈴鹿サーキットランミーティング」に参加してきました!

とは言っても、やっぱりみんな速いのかなぁ。なんてドキドキしながら鈴鹿サーキットに向かったのですが、パドックに到着すると、いろんな車種のバイクが参加していて驚いたのと同時に安心感も( ´ ` )

正直、ここでYZF-R1やYZF-R6など、スーパースポーツバイクばかりだったら心が折れていたかもしれません。笑

今回は、YSPさんでバイクを買った人だけが参加できるイベントという事で、ネイキッドバイクや、オフロードバイクの方も参加していたりと、いろんな車種のバイクに囲まれて賑やかな感じもして、「楽しそう♪」と、不安より楽しみな気持ちが強くなりました。

走る前にミーティングがあったのですが、そこでも初心者にもわかりやすいような説明やサーキットでのルール、無理して走らずに楽しむというお話しをして下さったので、今回は「心のリハビリ」も兼ねて楽しむ事だけを考えて走ろうと決めました!

画像3: 11月19日に鈴鹿サーキットで行われた「YSP鈴鹿サーキットランミーティング」に参加してきました! © webオートバイ 提供 画像3: 11月19日に鈴鹿サーキットで行われた「YSP鈴鹿サーキットランミーティング」に参加してきました!

いつも観戦している鈴鹿サーキット

鈴鹿サーキットを走るのは凄く久しぶりで2年前くらいにパレードランで走って以来。

前回走った時、こんなに高低差があるんだ!と驚いた事が一番印象に残っていました。

今回は、走っていると「あ!8耐の時ここでこんなバトルを観たな。」って思い出したり、「こんな風にライダーさんからは見えているんだ」と感じたり、、、

あとは鈴鹿サーキットはやっぱりミニサーキットよりも長いので、日のあたり方や風向きが時間ごとにだいぶ変わるのを感じる事ができました。目まぐるしく環境が変わる中をずっと走っているライダーさん達は凄いなぁと改めて思ったり。

そんな風にいろいろ感じながら2周すると、もうチェッカーフラッグが振られていて「え? もう終わっちゃった」という感じでした!

最初の20分間の走行は、時間経過の早さにホントに驚きました。

画像1: いつも観戦している鈴鹿サーキット © webオートバイ 提供 画像1: いつも観戦している鈴鹿サーキット 画像2: いつも観戦している鈴鹿サーキット © webオートバイ 提供 画像2: いつも観戦している鈴鹿サーキット

午前と午後に、それぞれ1回ずつ走行があったので、午後はもう少しアクセルを開けてみようとチャレンジしてみたのですが、私がいつも4輪も観ているせいかMuSASHiシケイン(ヘアピンカーブの直後に位置する、2輪専用コース)を忘れていて「あ!シケインだった。」とフルブレーキ。

縁石には乗りたくないし...と、速度を落として落として曲がり切ると、もう前にいたバイクはあっという間に見えなくなっていました(;゚∀゚︎)笑

撃沈(´・_・`)

でも、今回の目標は「楽しむこと」

ここからは少しゆっくり走りながら慣れていこうと走り、ストレートだけはお決まりの"梅ぶせ"(身体が柔らかいので、いつも完全にふせて走ります!)で恐怖心を無くすリハビリを徹底しました。

画像3: いつも観戦している鈴鹿サーキット © webオートバイ 提供 画像3: いつも観戦している鈴鹿サーキット ホスピタリティブースに展示してあった、MotoGPマシン「YZR-M1」でも伏せてきました! © webオートバイ 提供 ホスピタリティブースに展示してあった、MotoGPマシン「YZR-M1」でも伏せてきました!

午後の走行は3周する事が出来たのですが、それでもあっという間!

もっと走りたかったなぁ...と思わず思ってしまう程でした。

ちょっとサーキットが怖くなっていたから、自分でもそんな気持ちが出てくるとは思わなかったので、少しは克服成功かな?!笑

ヤマハの方にお話しを聞くと「走行会だから楽しんでもらいたいし、もっと走りたいと思ってもらえる所がいい」と仰っていて、まさにその心境になった私は凄く納得でした。

実は、このイベントではレーシングスーツの貸し出しがあったり、私の参加したCRクラスはレーシングスーツでなくても、長袖長ズボンでしっかりと走れる安全な格好であれば参加できたりという配慮もされていて、初めてのサーキット走行でも安心なんです。

レーシングスーツの貸出受付。 © webオートバイ 提供 レーシングスーツの貸出受付。

閉会式のときに、スタッフさんからの挨拶で「このイベントを長く続けていきたい。また初めての方に少しでも楽しんでもらえて、また走りたいと思ってもらえたり、サーキットに来る機会が増えていったら嬉しい」と仰っていたのを聞いて、それに向けて準備されていたスタッフさん達の気持ちも含め、そんな想いが伝わるとてもいいイベントに参加出来て良かったです(*ˊ˘ˋ*)

画像4: いつも観戦している鈴鹿サーキット © webオートバイ 提供 画像4: いつも観戦している鈴鹿サーキット

今回はYZF-R3で走りました♪

今回、私が鈴鹿サーキットを走った車両はYAMAHAのYZF-R3!

画像1: 今回はYZF-R3で走りました♪ © webオートバイ 提供 画像1: 今回はYZF-R3で走りました♪

とってもかっこいい赤色で、写真を撮って思ったのですが、なんだかゲームに出てきそうな洗礼されたかっこいいオーラが出ていませんか⁈

凄く速そう!!!!

私はあまりマットカラーは好きではないのですが、このバイクを初めて見たとき、思わず「かっこいいー!」と言ってしまいました。

でも、よく考えると「速そうでかっこいい」=「乗りやすくてスピードが出る?」私にとっては、、、⁈と、ここで少し恐怖心が出てしまいました。

私がそう思う時に気にする所は3つ。

◎足つき

◎ハンドル位置

◎タンクが挟みやすいか

よく見てみるとシートからハンドルが遠く見える!!!!

画像2: 今回はYZF-R3で走りました♪ © webオートバイ 提供 画像2: 今回はYZF-R3で走りました♪

え? 私、大丈夫かな?と心配になり、直ぐにまたがってみました。

またがってみると足つき性も良く、タンクも挟みやすくてニーグリップがしやすいし、ハンドル位置も意外と近い。姿勢も思ったよりも楽かもと一安心。

実際に走ってみると、とても走りやすくて爽快感を感じられる程!

伏せやすいし、ステップの位置も絶妙で、窮屈さはないけど力は入れやすい! ミラーも見やすくて乗りやすいバイクだなぁと思いました。

正直、サーキット走行が不慣れな私は急に凄くブレーキをかけてしまったり、バイクに対していい走りが出来ないので、もっとギクシャクしちゃうかなと思ったのですが、そんな事もなく、滑らかに対処してくれて、だからこそずっと楽しんで乗れたのかなとも思いました♪

心が骨折中の私でも、YZF-R3だったからサーキット走行を克服でき、楽しく走れたのかもしれません!

画像3: 今回はYZF-R3で走りました♪ © webオートバイ 提供 画像3: 今回はYZF-R3で走りました♪

にゃんばちゃんと一緒に♪

実は今回、にゃんばちゃん(難波祐香ちゃん)と一緒に参加してきたの♪

画像1: にゃんばちゃんと一緒に♪ © webオートバイ 提供 画像1: にゃんばちゃんと一緒に♪

一緒にお昼を食べたり、いろんなブースをみたり、、、

「バイクのふるさと浜松」で初めてご一緒してから今回が2回目で、休憩中にいろいろお話ししたんだけど、にゃんばちゃんはサーキット走行初めてという事にびっくり!!!

「いっぱい走ってそうなのに意外!」と話すと「お父さんが一生懸命走っていた所だし、恐れ多くて、、、。」とサーキットに小さい頃からお父さんの応援で来ていたにゃんばちゃんだからこそのサーキットに対する敬意が素敵だなぁと思いながら、つい当時の話しとかをいろいろ聞いてしまいました。笑

画像2: にゃんばちゃんと一緒に♪ © webオートバイ 提供 画像2: にゃんばちゃんと一緒に♪ 画像3: にゃんばちゃんと一緒に♪ © webオートバイ 提供 画像3: にゃんばちゃんと一緒に♪

にゃんばちゃんはR25で私がR3に乗ったので2台並べて撮影。

R25の方が丸みがあって可愛い感じで、R3の方がスッとしてる印象だったのですが(あ、デザイン一は共通でしたね…)、私はあまりカウル付きのバイクに乗らないので、ついついネイキッドの癖で写真を撮る時にハンドルだけ曲げて顔の向きを変えようとしたのですが、フルカウルだからそれだけではタイヤの向きしか変わらず、、、。何言ってるか伝わります?笑

あぁ、そうだったと何回も置き直し。

これ私の中のフルカウルあるあるなのですが、みなさんはないですか?!

画像4: にゃんばちゃんと一緒に♪ © webオートバイ 提供 画像4: にゃんばちゃんと一緒に♪

いい写真を撮ろうと寝そべって撮るにゃんばちゃんが、とっても可愛いかったです♪

画像5: にゃんばちゃんと一緒に♪ © webオートバイ 提供 画像5: にゃんばちゃんと一緒に♪

サーキット走行の楽しさ

今回、本当に久しぶりにサーキットを走ることができて感じた事は、「公道では味わえない楽しさを感じられるし、止まる事なくスピードも自分のペースで楽しく走れる走行会って最高!!!」という事。

「レースは速さを競うけど、走行会は楽しんで走るところが違う。」ともミーティングの時にスタッフさんが教えて下さったのですが、速さではなく楽しむという走行会に参加出来たからこそ、骨折した時の悪いイメージや感覚を消せたかなと思い、ホントに参加出来て良かったと思っています。

もちろん怪我する前みたいに走れた訳ではないですが、でも久しぶりに楽しくサーキットを走れて凄く幸せでした( › ·̮ ‹ )♪

ツーリングの時に慣れる為に伏せてみたら怖かったから、サーキットを走った時に身体が強張って乗れなかったり、前転してしまった時のフラッシュバックをしたら、、、とも思ったのですが、その逆で楽しみながら乗ることができ、もう少し乗りたかったと思えて正直「ホッ」としました。笑

あと、走行だけでなく少しブースが出ていたり、バレンティーノ・ロッシ選手のマシンも展示してあり、写真が撮れたりもしてイベント感もありました!

YSP鈴鹿サーキットランミーティングの雰囲気伝わるかな?!

そして、お気づきの方もいたかもしれませんが、私のスーツは骨折した転倒でボロボロになり新しい物をスピーディーさんが用意して下さり、ようやく着る事が出来ました!!!

画像1: サーキット走行の楽しさ © webオートバイ 提供 画像1: サーキット走行の楽しさ

今回「YSP鈴鹿サーキットランミーティング2019」に参加して、リハビリというか、少しサーキット走行を克服出来たので、この事に感謝して、またサーキットを走って楽しめたらいいなと思っています(*´∇︎`*)

画像2: サーキット走行の楽しさ © webオートバイ 提供 画像2: サーキット走行の楽しさ

写真/YAMAHA、webオートバイ、梅本まどか

梅本まどか SNS公式アカウント

梅本まどか (@maronchan_1) | Twitter

梅本まどか (@umemado.1) • Instagram photos and videos

webオートバイの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon