古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

KAWASAKI「KH250 」ヤンチャな奴らが愛した“ケッチ”-1976〜1982年-【心に残る日本のバイク遺産】2サイクル250cc史 編

webオートバイ のロゴ webオートバイ 2019/09/11 11:30 webオートバイ編集部
1976 KH250(B1) © Motor Magazine LTD 提供 1976 KH250(B1)

伝説の名車“マッハ250”の心臓を受け継ぐ「正統後継車」

画像1: 伝説の名車“マッハ250”の心臓を受け継ぐ「正統後継車」 © Motor Magazine LTD 提供 画像1: 伝説の名車“マッハ250”の心臓を受け継ぐ「正統後継車」

250SSに代わる2サイクル並列3気筒モデルとしてデビューしたKH250は、1976年に最初期型が販売された。上がその1976年モデルで、型式はB1となるが、1976年型はこれ以外にも存在する。

A5の型式を持つ機種で、フロントブレーキをB1のようなディスクではなく250SS時代と同様なドラムとする点が異なる。ただし、A5は海外でのみ販売され、我が国における最初のKH250はB1だった。

画像2: 伝説の名車“マッハ250”の心臓を受け継ぐ「正統後継車」 © Motor Magazine LTD 提供 画像2: 伝説の名車“マッハ250”の心臓を受け継ぐ「正統後継車」

1978年のB3では、フロントブレーキマスターシリンダーのリザーバータンクを、金属の丸形から樹脂を挟んだ角形に改め、シートのデザインを改めるなどの変更を実施。

1980年のB5では、外装をライムグリーンに変え、シート後部の側面にKHの文字を白で記すなどで外観のイメージを一新した。

その後、大きな手直し受けることなく1982年まで販売を継続。1983年は2サイクル250㏄スポーツが不在となったが、1984年にはタンデムツインを搭載するKR250が市場に投入された。

250SSの後継モデルとして登場して1982年まで販売された

KH250(A5/B1〜7)

1976 KH250(B1) © Motor Magazine LTD 提供 1976 KH250(B1)

我が国で最初に発売されたKH250で、型式はB1となる。1976年の初期型(A5)は日本での販売はされていない。

250SSのフロントブレーキをディスクに換装したモデルであり、249.5㏄(45×52.3㎜)空冷並列3気筒のエンジン性能(28ps/7500rpm、2.7㎏-m/7000rpm)は共通。

1375㎜の軸距も同じだが、空車重量は154㎏から6㎏増の160㎏となった。当時の価格は27万円。

1978 KH250(B3) 1977年型/B2で、カラーリング変更のみ。カタログはA4判より少し大きな寸法で、見開きで大きく車両を掲載、各部を写真とともに解説している。250SSと同様に、車名表記はKH250とKH-250が混在している。 © Motor Magazine LTD 提供 1978 KH250(B3) 1977年型/B2で、カラーリング変更のみ。カタログはA4判より少し大きな寸法で、見開きで大きく車両を掲載、各部を写真とともに解説している。250SSと同様に、車名表記はKH250とKH-250が混在している。

1978年型となるB3では、シート表皮のデザインを微妙に変更、タンデムベルト両脇に金具を配してシート側面に固定する方法に改めている。

また、フロントブレーキマスターシリンダーのキャッチタンクは、これまでは本体と同素材の円筒形だったが、B3では四角に改めるとともにタンク本体が乳白色の樹脂パーツに変化。

キャンディコバルトブルーと、キャンディライムグリーンの2色があり、発売当時の価格は28万円だった。

1979 KH250(B4) © Motor Magazine LTD 提供 1979 KH250(B4)

エンジン形式:空冷2スト・ピストンバルブ並列3気筒

排気量:249cc

最高出力:28ps(21.0 kw)/7500rpm

最大トル: 2.7kg・m(26.5N・m)/7000rpm

燃料タンク容量:14L

重量:160kg(乾燥)

発売年:1979年

【付録1】1979年型 KH250 カタログ

今となってはなかなか見ることができない1979年型の貴重なカタログ写真を公開。

画像1: 【付録1】1979年型 KH250 カタログ

画像1: 【付録1】1979年型 KH250 カタログ
© Motor Magazine LTD 提供

【付録2】1980年型 KH250&KH400 カタログ

画像1: 【付録2】1980年型 KH250&KH400 カタログ © Motor Magazine LTD 提供 画像1: 【付録2】1980年型 KH250&KH400 カタログ

1980年モデルのカタログを転載したもので、KH250とKH400の2台を紹介している。

両モデルともカラーリングはライムグリーンの1色で、タンデムシートの両側面にKHの文字をあしらうとともに、側面の下側を燃料タンクやテールカウルなどと同色とするユニークなデザインを採用している。発売当時の価格はKH250が28万3000円、KH400が31万5000円だった。

画像2: 【付録2】1980年型 KH250&KH400 カタログ © Motor Magazine LTD 提供 画像2: 【付録2】1980年型 KH250&KH400 カタログ

■全長/全幅/全高は2020/810/1120㎜で、KH400より5㎜短く、10㎜狭く、10㎜低い。軸距は5㎜短い1360㎜、シート高は10㎜低い810㎜で、乾燥重量は2㎏軽量な160㎏を公称。F:3.25S-18、R:3.50S-18のタイヤサイズは2台に共通だ。

画像3: 【付録2】1980年型 KH250&KH400 カタログ © Motor Magazine LTD 提供 画像3: 【付録2】1980年型 KH250&KH400 カタログ

■並列3気筒は変更なく、249.5㏄(45×52.3㎜)のKH250は28ps/7500rpm、2.7㎏-m/7000rpmなのに対し、KH400は38ps/7000rpm、3.9kg-m/6500rpmを発揮。キャブは、250がミクニVM22SC、400は同社のVM26SCを装着。5速ミッションの変速比や1次減速比は同じだが、2次減速比は250が大きい。

画像4: 【付録2】1980年型 KH250&KH400 カタログ © Motor Magazine LTD 提供 画像4: 【付録2】1980年型 KH250&KH400 カタログ 画像5: 【付録2】1980年型 KH250&KH400 カタログ © Motor Magazine LTD 提供 画像5: 【付録2】1980年型 KH250&KH400 カタログ

連載【心に残る日本のバイク遺産】をまとめて見る

心に残る日本のバイク遺産 - webオートバイ

MOOKのバックナンバーはこちら「日本のバイク遺産 2サイクル250史」

日本のバイク遺産 2サイクル250cc史 (Motor Magazine Mook) | 佐藤康郎(Bikers Station 編集長), 「日本のバイク遺産」編集チーム |本 | 通販 | Amazon

Powered By Bikers Station

webオートバイの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon