古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

【スバル フォレスター 試乗】開発陣の意気込みと「いいもの感」…工藤貴宏

レスポンス のロゴ レスポンス 2018/07/10 12:30 工藤貴宏

新型スバル・フォレスター

新型スバル・フォレスター
© レスポンス

SUBARU(スバル)『フォレスター』の素晴らしさは、走る環境を選ばないオールラウンド性だ。オンロードでのハンドリングに優れて重心の高いSUVとは思えないほど気持ちよく峠道を走れるいっぽう、人がマトモに歩けないような悪路だって涼しい顔をして走れてしまう。

オンもオフも両方の能力がいちだんと高まった新型の走行性能は、そんなオールラウンド性がひときわ高いレベルになったことを意味している。マウンテンバイク用のコースを活用したオフロードコース、それもわざわざ水を撒いて滑りやすい路面にした環境での試乗は「乗用車ベースのメカニズムでこんなに走れるのか?」と驚かずにいられなかった。タイヤが埋まるような厳しい悪路でもしっかりとトラクションがかかるように進化した「Xモード」の威力は凄い。

高まった走行性能、車体サイズはほぼそのままに広くなった後席と荷室、上質感が高まったインテリアの仕立て、そして新技術であるドライバーモニタリングシステムによる利便性と安全性能向上など、新型フォレスターに触れると開発陣の意気込みと「いいもの感」がひしひしと伝わってくる。個人的にはスタイルにもう少し美しさがあればうれしかったが、見た目はあくまで主観なので買う人が判断すればいい。

ところで今回のフルモデルチェンジで初代からイメージリーダーを務めてきたターボエンジン搭載車が消えてしまったのは残念だが、そのかわり「e-BOXER」と呼ぶハイブリッドが加わったのは、時代背景を考えれば納得。もし僕が購入するなら、モーターによるエンジン回転上昇のアシスト感が心地よく、発進時の快適性(エンジンを掛けずにモーターで走り出すのでアイドリングストップからの復帰による突然の音と振動がない)も高いハイブリッドを選ぶ。

新車購入時は免税措置などにより、実は2.5リットルガソリン車の最上級グレードとハイブリッド車の支払総額の差はほとんどないのも朗報だ。

■5つ星評価

パッケージング:★★★★★

インテリア/居住性:★★★★

パワーソース:★★★★

フットワーク:★★★★★

オススメ度:★★★★★

<プロフィール>

小学校高学年から自動車雑誌を読みはじめ、1日でも早く運転したくて18歳誕生日の翌日には仮免許を取得したクルマ好き。大学在学中から自動車雑誌でアルバイトを始め、自動車専門誌編集部在籍後、編集プロダクションを経てフリーランスライターに。愛車はフランス製ホットハッチとディーゼルのSUV。

レスポンスの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon