古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

【東京モーターショー2017】ダイハツが出展予定のコンセプトカーの概要を発表

webCG のロゴ webCG 2017/10/06 webCG
【東京モーターショー2017】ダイハツが出展予定のコンセプトカーの概要を発表 © webCG Inc. 提供 【東京モーターショー2017】ダイハツが出展予定のコンセプトカーの概要を発表

ダイハツ工業は2017年10月6日、第45回東京モーターショー(開催期間:2017年10月25日~11月5日)に出展する展示車の概要を発表した。

さまざまなコンセプトカーでダイハツの未来を表現

今回の東京モーターショーにおけるダイハツの展示は、参考出展が5台、市販車が10台となっている。このうち参考出展されるコンセプトカーの4台が世界初公開、1台が日本初公開で、いずれも車名には「DAIHATSU NEWNESS」を略した「DN」の2文字を冠している。

各コンセプトカーの概要は以下の通り。

【DNプロカーゴ】

「先進技術をみんなのものに」という考えのもと、未来の働く人のパートナーとなることを想定した軽規格の商用電気自動車(EV)。1957年に登場した「ミゼット」の使い勝手のよさと、高い拡張性を継承している。具体的には、低床フラットフロアの採用により、車いす2台をそのまま乗せることができ、ウオークスルーも可能な室内高1600mmの車内空間と、女性やシニアの方でもラクに乗り降りできる優れた乗降性を実現。また配送業やクリニックの診療所など、さまざまな業種や用途に合わせて仕様を変えられる「マルチユニットシステム」を採用。「物を運ぶだけにとどまらない、サービス業に特別仕様車っての使いやすさ」を提案するコンセプトカーとなっている。

【DNコンパーノ】

1963年に登場した「ダイハツ・コンパーノ」から、コンパクトさとスタイリッシュさを両立するデザイン思想を受け継いだ4ドアクーペで、「シューティングライン」と称される伸びやかなフォルムが特徴。パワープラントには1リッターターボ、もしくは1.2リッターエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドを想定している。上質さとスポーティーさを追求した車内空間には、大人2人がゆったり過ごせる前席優先のパッケージを採用。自分らしい生活を楽しみたいアクティブシニアに向けた、豊かなセカンドライフを提案するモデルとされている。

【DN U-スペース】

「タント」に代表されるモアスペース系モデルの利便性をさらに高めた、“忙しいママ”を支える軽乗用車を提案。モダンプロダクト的なシンプルさをもつ内外装に加え、ハンズフリー機能を備えたBピラーレスの大開口前後スライドドア、助手席チップアップシートによる室内ウオークスルー、前席パノラマビューなどによる使い勝手のよさも特長となっている。パワープラントには660ccのガソリンエンジンを想定。

【DNトレック】

アクティブ、ファン、タフをテーマにした、上質でコンパクトなスタイリングとインテリアが特徴のコンパクトSUV。パワープラントには1.2リッターエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステム、もしくは1リッターターボエンジンを想定している。

【DNマルチシックス】

一足先に、インドネシアのオートショーで世界初公開された、コンパクトな6人乗りミニバン。2列目シート間のウオークスルーが可能で、3列目シートへのアクセス性を高めている。パワープラントには1.5リッターガソリンエンジンを搭載。

このほかにも、ダイハツでは「スマートアシストIII」を搭載した「ハイゼット カーゴ」や東京モーターショー専用色を用いた「ブーン シルク」「トールカスタム」など、10台の市販車、市販予定車の出展を予定している。

(webCG)

© webCG Inc. 提供

webCGの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon