古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

どこが違う?メルセデス Xクラス、新たなる派生モデルをスクープ!

レスポンス のロゴ レスポンス 2018/03/17 18:00 子俣有司@Spyder7

メルセデス Xクラス ロング スクープ写真

メルセデス Xクラス ロング スクープ写真
© レスポンス

メルセデスベンツ初のピックアップトラック『Xクラス』に、新たなる派生モデルが投入されることが分かった。スクープ撮影に成功した開発車両は、一見ベースモデルと同じだが、果たしてどこが異なるのだろうか。

Xクラスは、ダイムラーとルノー日産アライアンスにより共同開発され、日産『NP300ナバラ』とは兄弟車となっているピックアップトラックだ。従来のピックアップとは異なり、エクステリアや室内にも配慮。洗練されたデザインで世界的に人気急上昇中のモデルとなっている。

開発車両の荷台部分に注目すると、色が白く変色している。実はベースモデルよりさらに実用性を高めたロングバージョンであることがわかる。荷台の長さは、スタンダードが62.4インチ(1587mm)だが、ロングは70.3インチ(1788mm)に延長されている。全幅1920mm、全高1890mm、及びフロントマスクに変化はない。容量が大幅に改善された荷台は、乾式壁や木材の運送に役立ちそうだ。

パワートレインは、最高出力163psと190psを発揮するルノー製2.3リットル直列4気筒ディーゼルエンジンを搭載する。また3月のジュネーブモーターショーで初公開された最上級モデル「X350d 4MATIC」も設定されるだろう。こちらは最高出力258psを発揮、0-100km/h加速7.9秒、最高速度205km/hのパフォーマンスが魅力だ。

ワールドプレミアは、2019年3月のジュネーブモーターショーと思われる。

レスポンスの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon