古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

まだまだ進化する日産 GT-R NISMO、改良モデルがニュルでテスト開始

レスポンス のロゴ レスポンス 2017/10/18 子俣有司@Spyder7

日産 GT-R NISMO 改良新型 スクープ写真

日産 GT-R NISMO 改良新型 スクープ写真
© レスポンス

日産『GT-R』の高性能モデル『GT-R NISMO』の改良新型、MY2019モデルがニュルブルクリンクの高速テストに姿を見せた。常に進化をし続けるGT-Rの新たな姿が間もなく見られそうだ。

フェンダーの一部にカモフラージュが見られる他、より大きなブレーキキャリパーが装着されているようだ。その他NISMO専用カーボン製フロントバンパーやエアスプリッターなどを改善し、より大きなダウンフォースをもたらす。さらにNISMO専用のチューニングは、高速域でより安定した走行性能を実現するはずだ。

現行モデルのパワートレインは、6速DCTと組み合わされる、3.8リットルV型6気筒ツインターボエンジンで、最高出力は600psを発揮する。改良新型では、さらなるアップグレードも期待でき、室内ではステアリングホイール、アルカンターラレザー、レカロ製シート、トリム類がリフレッシュされる。

発売は2018年夏頃で、2019年モデルとして発売予定。東京モーターショーでのお披露目も考えられる。発表が期待されている「フェアレディZ」次期型の公開が未定のため、スポーツモデルの目玉としてはこのGT-R NISMOとなるかもしれない。

レスポンスの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon