古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

アップデートされたフォルクスワーゲンup!発売|Volkswagen

OPENERS のロゴ OPENERS 2017/04/28 OPENERS
© 情報提供元

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、5年ぶりに改良を施した同社の最もコンパクトなモデル「up!」を発表した。ポイントはフロントおよびリア周りのデザイン変更のほか、新色の導入、そしてスマートフォンとのコネクティビティを強化したことだ。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

繋がるup!

フォルクスワーゲンのコンパクトモデル「up!」がマイナーチェンジを果たした。パワートレインには変更はなく、70kg以下という軽量な1.0リッター3気筒エンジンを搭載。最大出力は75ps、最大トルクは95Nmを発生する。そのエンジンに、シングルクラッチの5段ASGが組み合わされる。

新しいup!で最も注目すべきは、専用アプリによるナビゲーションなどの機能をスマートフォンにて利用できるなど、スマートフォンとの連携を強化したインフォテイメントシステムを採用したことだ。

具体的には、最新の5インチカラー ディスプレイの Volkswagen純正インフォテイメントシステム“Composition Phone”をオプション設定。Bluetoothでスマートフォンとペアリングし接続することで、専用アプリであるVolkswagen “maps + more”でナビゲーションや駐車場の満空情報など、最新情報に基づいた各種機能が利用できる。さらに専用のスマートフォンホルダーで固定でき、USBデバイス接続装置に接続すれば、電池切れの心配もなく長時間の使用が可能だ。

© 情報提供元 © 情報提供元

新型up!専用アプリ、Volkswagen “maps + more”は、up!オーナーのために開発されたもので、ナビゲーションルートガイダンスや車両の走行データに加え、スマートフォンに収納している音楽も再生可能だ。そのほか、エマージェンシーアシスタンスとカスタマーセンターへの無料通話、アシスタンス&カスタマーセンターや、エコドライブのアドバイス機能、Think Blue Trainer、タコメーターや水温計の表示など、合計9つの機能が搭載されている。

フォルクスワーゲン グループ ジャパン代表取締役ティル・シェア氏は、「フォルクスワーゲンは“ピープルズカー”として常に人々を中心に考えています。特に最も小さいフォルクスワーゲンup!は、気軽に使ってもらえるクルマにするということです。そして今日、クルマを気軽に使ってもらうということは、コネクティビティの確保が必須となっています」とインフォテイメントシステムの導入経緯を語る。そして、「日々の生活にスマートフォンを欠かすことができないという方、クルマに乗っていても常に繋がっていたいという方にピッタリです」と述べた。

© 情報提供元

安全装備も充実

2012年にup!が発表された時点で既にシティ エマージェンシー ブレーキ(低速域追突回避・軽減ブレーキ)が採用され、当時では珍しかったコンパクトカーへの標準搭載がひとつのセールスポイントとなっていた。この新型でも引き続き全車標準装備である。

また、LEDポジションランプ付ハロゲンヘッドライト(ハイトコントロール機能付)やオートライト、レインセンサー、タイヤ空気圧警告灯などを全車標準装備。上級グレードのhigh up!には、交差点での歩行者の確認がしやすく、歩行者側にも注意を促すことができるスタティックコーナリングライトが追加された。

© 情報提供元 © 情報提供元

エクステリアデザインは、歩行者障害を意識したこともあり、前後のバンパー形状が変更され、全長が65mm伸びたほか、ボンネットのデザインも刷新。LEDポジションランプ付ヘッドライト、ウインカー内蔵型ドアミラー、リヤコンビネーションランプ、リヤディフューザーなどがリデザインされた。

インテリアは、ピクセルハニーイエロー、ピクセルレッド、ピクセルニュートラル、ブラックキューブという4色のダッシュパッドと2色のトリムカラーを用意。ダッシュボードの表面加工には、IML(イン モールド ラベリング)工程を採用したことで、しっとりとした光沢を放ち、立体感のあるものになっている。

また、up!では初となる、ダッシュパッドの下部に取り付けられたインテリアアンビエントライトも設定された。同時にデザインが一新されたシートカバーには、外側とセンターにそれぞれラインが入り、ダッシュパッドに合わせカラーコーディネートされる。

© 情報提供元

beatsとのコラボレーションやツートーンの特別仕様も

日本に導入されるモデル構成は変わらず、2ドアと4ドアが用意される「move up!」と、その上級グレードの「High up!」(4ドアのみ)の2グレードを用意。

それに加え、新型の発表にあわせて2台の特別仕様車も同時に発売となった。

© 情報提供元 © 情報提供元

ひとつは、オーディオブランド「Beats!」とコラボレーションした「up! with beats」。オーディオに300W、8チャンネルのパワーアンプにデジタルプロセッサーを搭載したサウンドシステム“beats sound system”を採用しており、6個のスピーカーに加えてサブウーファーの合計7個を車両全体にレイアウトしている。また、専用のダッシュパッドや、ドアシルプレート、セラミックカラーの配されたシートやステアリングホイールなどで、Beatsの世界観を演出する。

up! with beatは、move up!をベースにしており、2ドアモデルが200台、4ドアモデルは400台の合計600台が用意される。価格は2ドアで172万3,000円、4ドアが192万3,000円。

© 情報提供元 © 情報提供元

もうひとつは、high up!をベースにボディとルーフ、ドアミラーカバーをツートーンに塗り分けた「roof up!」。トルネードレッドのボディにブラックの仕様が60台、ディープブルーにキャンディホワイトが40台、ハニーイエローメタリックとブラックで30台の合計130台限定。価格は204万9,000円。

ティル社長は、「up!は最も小さいフォルクスワーゲンとして、若いお客様にとってのエントリーカーという役割を果たしています。その一方、ダウンサイザーの品質に対する高いニーズも満たしています。ボディサイズやセグメントに関係なく、品質や安全性を含む技術を“民主化”すること、これこそがフォルクスワーゲンブランドの重要な本質であり、ミッションだと考えています」と語った。

© 情報提供元

Volkswagen move up!|フォルクスワーゲン ムーブ アップ!
Volkswagen high up!|フォルクスワーゲン ハイ アップ!
ボディサイズ|全長 3,610 × 全幅 1,650 × 全高 1,495 mm
ホイールベース|2,420 mm
重量|(move up! 2ドア)930 kg  (move up! 4ドア/high up!)950 kg
エンジン|999 cc 直列3気筒
圧縮比|10.5
最高出力| 55 kW(75 ps)/ 6,200 rpm
最大トルク|95 Nm(9.7 kgm) / 3,000-4,300 rpm
トランスミッション|5段AT(5ASG)
駆動方式|FF
タイヤ 前/後|(move up!)175/65R14  (high up!)185/55R15
燃費(JC08モード)|22.0 km/
最小回転半径|4.6 メートル
乗車定員|4名
価格|(move up! 2ドア)157万7,000円  (move up! 4ドア)178万7,000円  (high up!)193万8,000

Volkswagen up! with beats|フォルクスワーゲン アップ! ウィズ ビーツ
ボディサイズ|全長 3,610 × 全幅 1,650 × 全高 1,495 mm
ホイールベース|2,420 mm
重量|(2ドア)930 kg  (4ドア)950 kg
エンジン|999 cc 直列3気筒
圧縮比|10.5
最高出力| 55 kW(75 ps)/ 6,200 rpm
最大トルク|95 Nm(9.7 kgm) / 3,000-4,300 rpm
トランスミッション|5段AT(5ASG)
駆動方式|FF
タイヤ 前/後|185/55R15
燃費(JC08モード)|22.0 km/
最小回転半径|4.6 メートル
乗車定員|4名
ボディカラー|ピュアホワイト、トルネードレッド
限定台数|2ドア 200台(ホワイト100台、レッド100台)、4ドア 400台(ホワイト200台、レッド200台)
価格|(2ドア)172万3,000円  (4ドア)192万3,000円

Volkswagen roof up!|フォルクスワーゲン ルーフ アップ!
ボディサイズ|全長 3,610 × 全幅 1,650 × 全高 1,495 mm
ホイールベース|2,420 mm
重量|950 kg
エンジン|999 cc 直列3気筒
圧縮比|10.5
最高出力| 55 kW(75 ps)/ 6,200 rpm
最大トルク|95 Nm(9.7 kgm) / 3,000-4,300 rpm
トランスミッション|5段AT(5ASG)
駆動方式|FF
タイヤ 前/後|185/55R15
燃費(JC08モード)|22.0 km/
最小回転半径|4.6 メートル
乗車定員|4名
ボディカラー|トルネードレッド×ブラック、、ディープブルー×キャンディホワイト、ハニーイエローメタリック×ブラック
限定台数|トルネードレッド 60台、ディープブルー 40台、ハニーイエローメタリック 30台
価格|204万9,000円

問い合わせ先

フォルクスワーゲン カスタマーセンター

0120-993-199

OPENERSの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon