古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】

webCG のロゴ webCG 2017/03/19 webCG
シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 © webCG Inc. 提供 シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】

シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)

期待に届かず

シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。

満を持してのクリーンディーゼル

シトロエンのマルチパーパスワゴン「C4ピカソ」に、クリーンディーゼルが登場した。尿素水溶液を要する触媒装置と、DPF(微粒子フィルター)などの後処理デバイスで日欧の厳しい排ガス規制をクリアした2リッター4気筒ディーゼルターボ。日本でもすでにプジョー/シトロエン/DSに導入され、人気を集めている2リッタークリーンディーゼルである。

新エンジンは、5人乗りのC4ピカソと、ロングホイールベースの3列シート7人乗りグランドC4ピカソの両方に用意される。ちなみに、ディーゼルは既存のガソリン1.6リッター4気筒ターボより25万円高い。

今回、試乗したのは、ディーゼルモデルの呼び水としてグランドC4ピカソのみに限定200台で用意された「フィールBlueHDi」(372万円)。本来、オプションの電動パノラミックサンルーフを標準装備する一方、レーンキープアシストや、アクティブクルーズコントロールのアクティブ機能を省くなどして、レギュラーモデルよりも8万円お安くしている。

C4ピカソシリーズは、ヨーロッパでは相変わらず“C4”と名のつくシトロエンのトップセラーである。現行の2代目になってから4年近くたつのに、2016年も欧州全体で年間10万台以上売れた。営業車みたいに地味なハッチバック「C4」の2倍以上である。次に売れているのが、日本には限定200台しか入ってこなかった「C4カクタス」。いまのC4シリーズは派生モデルでもっている、という感じだ。

© webCG Inc. 提供

力強さはいまひとつ

C4ピカソに乗るのは2年ぶり。そのときもグランドで、とてもいいクルマだったから、いまも記憶に新しい。トルクのあるディーゼルは、町なかでのいわば“生活性能”でガソリンエンジンをしのぐことも多い。そういうサプライズは今回、どうか。

グランドC4ピカソの場合、2リッターディーゼルの車重(1660kg)は1.6リッターガソリンよりも130kg重い。排気量が違うこともあって、かなり開きがある。一方、加速性能に効くとされる最大トルクは、37.7kgm対24.5kgmと、圧倒的にディーゼルが勝る。車重のハンディを軽くうっちゃってしまうかと期待したが、やはりディーゼルのほうが走りは少し重々しい。トルクでグイグイ加速するような頼もしさはない。

変速機はシフトパドル付きの6段AT。100km/hからフルスロットルでキックダウンを効かせると3速まで落ちる。しかし、高速域での追い越し加速もパンチはいまひとつだ。ただ、試乗車の走行距離は2000km台。エンジンがまだカタイ感じはあったから、もう少し走り込むと、印象は好転するかもしれない。

静粛性は最近のクリーンディーゼル乗用車の標準である。つまり、ガソリン車と大差ない。気になる音は聴こえない。だが、エンジンが回っていると、ステアリングホイールに、振動というほどのものではないにせよ、ザワザワしたディーゼルの“存在感”のようなものは伝わってくる。それが走行フィールの品質感をちょっと削(そ)いでいると思った。

© webCG Inc. 提供

オープンカーより開放的

ディーゼルの導入と同時に、若干のフェイスリフトが加えられたが、依然変わらぬC4ピカソの“芸”は、頭上の空が見える「スーパーパノラミックフロントウィンドウ」である。

フロントガラスの上端が屋根に大きく食い込んでいる。しかもアンバーの入っていない素通しのガラスだ。太く堅牢(けんろう)な窓枠を持ち、それが額の近くまで迫る最近のオープンカーより、むしろオープン感覚にあふれる。

今回は暗いうちから動き出して、車内から朝日を拝むことができたが、そのときはなにかあまりにも晴れがましすぎて、カーテンを閉めたくなった。カーテンはないが、サンバイザーが前方に18cmスライドし、そこからパタンとめくれば、さらに20cm日よけを伸ばすことができる。

“グランド”と名乗っていても、全長は「トヨタ・ノア/ヴォクシー」や「日産セレナ」などに比べると、10cmほど短い。全高は15~20cmも低く、ハイトなワゴンというほどノッポではない。そんなプロポーションのほどほどさがグランドC4ピカソの売りのひとつだろう。

その室内にあって、7人乗りのスペックは掛け値のないところである。10cm以上前後スライドする2列目シートをちょっと前に出してもらえば、3列目にも大人が座れる。

© webCG Inc. 提供

感動があるのはガソリン車

2年前に乗ったガソリンのグランドC4ピカソは、恵比寿のプジョー・シトロエン・ジャポンを走りだすなり、心を捉えるクルマだった。エンジンはなめらかで、足まわりはイロっぽいほどしなやかでゆったりしている。ガラス張りのキャビンからは、いつもの景色も違って見える。ひとくちにミニバンとくくられるクルマでも、まだこんな新しいアプローチができるのかと驚いた。

同じように明治通りを走りだしても、今回、あの感動はなかった。ガソリンモデルほどの高級感は感じなかった。それで価格が高いのだから、個人的にはグランドC4ピカソはガソリンがいいと思う。

だが、日本でのディーゼルの“印籠”は、言うまでもなく燃料コストである。給油の際、軽油は満タン近くになるとすぐ泡立ってしまうため、なかなか正確な燃費がとれない。今回も車載燃費計との差が大きすぎる。そこで、12.5km/リッターという車載燃費計のほうを信じることにして、2年前に乗ったガソリンモデル(11.3km/リッター)と比べてみた。

この日給油したスタンドの燃料価格は、軽油が99円、無鉛ハイオクが133円だった。これを元に試算すると、ディーゼルは1km走るのに7.9円、ガソリンは11.8円を要する。ディーゼルの燃料コストはガソリンの約3分の2である。25万円の価格差は6万5000kmくらい走れば帳消しになる計算だ。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=荒川正幸/編集=関 顕也)

© webCG Inc. 提供

テスト車のデータ

シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4605×1825×1670mm

ホイールベース:2840mm

車重:1660kg

駆動方式:FF

エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ

トランスミッション:6段AT

最高出力:150ps(110kW)/4000rpm

最大トルク:37.7kgm(370Nm)/2000rpm

タイヤ:(前)205/55R17 95V/(後)205/55R17 95V(ミシュラン・プライマシーHP)

燃費:18.0km/リッター(JC08モード)

価格:372万円/テスト車=378万9660円

オプション装備:メタリックペイント<サーブル>(5万9400円)/ETC車載器(1万0260円)

テスト車の年式:2017年型

テスト開始時の走行距離:2417km

テスト形態:ロードインプレッション

走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)

テスト距離:213.4km

使用燃料:14.0リッター(軽油)

参考燃費:15.2km/リッター(満タン法)/12.5km/リッター(車載燃費計計測値)

© webCG Inc. 提供 © webCG Inc. 提供

webCGの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon