古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

スズキ、インドで新型コンパクトセダン「ディザイア」を発売

webCG のロゴ webCG 2017/05/16 webCG
スズキ、インドで新型コンパクトセダン「ディザイア」を発売 © webCG Inc. 提供 スズキ、インドで新型コンパクトセダン「ディザイア」を発売

スズキのインド子会社であるマルチ・スズキ社は2017年5月16日、「スイフト」をベースとしたコンパクトセダンの新型「ディザイア」をインドで発売した。

スズキ・ディザイアは、エントリー層やセダンへのステップアップユーザーをターゲットとしたコンパクトモデルとして、2008年3月に登場。インドでは約140万台の累計販売を記録する、主力モデルのひとつとなっている。

今回の新型は、2017年に日本や欧州などで発売された現行型スイフトと共通の新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用。軽量・高剛性のボディーによって高い走行性能と燃費性能を両立させるとともに、安全面では今後インドに導入される法規にも適合している。また、ボディーサイズについては全長×全幅×全高=3995×1735×1515mmと、全長4m切るコンパクトさを保ちつつ、従来モデルを上回る後席の足元スペースと、ゆとりあるトランクスペースを確保。セダンとしての使い勝手を高めているという。

エンジンは1.2リッターガソリンと1.3リッターディーゼルの2種類。トランスミッションには5段MTと5段ロボタイズドMTの2種類が用意される。

スズキは同車について、インドでの発売に続き、インドの周辺国や中近東、アフリカ、中南米へも展開するとしている。

(webCG)

© webCG Inc. 提供

webCGの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon