古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表 最高出力が従来モデルから14%アップ

webCG のロゴ webCG 2020/02/14 10:46 webCG
トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表 最高出力が従来モデルから14%アップ © webCG 提供 トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表 最高出力が従来モデルから14%アップ

トヨタ自動車は2020年2月13日(現地時間)、最高出力を高めるなどの改良を加えた「GRスープラ」の2021年モデルを、米フロリダ州デイトナで発表した。

今回の改良では、エキゾーストマニホールドの構造変更や新ピストンの採用などにより、エンジンの圧縮比を変更。最高出力を従来モデルの335hp(約250kW)/5000-6500rpmから382hp(約285kW)/5800-6500rpm(従来型比+14%)、最大トルクを365lb-ft(約495N・m)/1600-4500rpmから368lb.ft.(約499N・m)/1800-5000rpmに向上させた。これにより、0-60mph(約96km/h)加速は3.9秒と、従来モデルより0.2秒短縮している。

またフロント部にブレースを追加してボディー剛性を強化するとともに、それに合わせてサスペンションを再チューニング。コーナリング中の安定性向上を図っている。

これらの改良を受けた2021年モデルのGRスープラは、日本での発売は2020年秋以降を予定している。

(webCG)

トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表 最高出力が従来モデルから14%アップ

トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表 最高出力が従来モデルから14%アップ
© webCG 提供

webCGの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon