古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

マクラーレン、英国で新型車「600LT」を世界初公開

webCG のロゴ webCG 2018/07/12 21:23 webCG

マクラーレン、英国で新型車「600LT」を世界初公開 © webCG Inc. 提供 マクラーレン、英国で新型車「600LT」を世界初公開

英マクラーレンは2018年7月12日(現地時間)、英国で開催されている自動車イベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、新型車「600LT」を世界初公開した。

専用の空力ボディーを備えた「LT」シリーズの第2弾

マクラーレン600LTは、最高出力600ps、最大トルク620Nmを発生する3.8リッターV8エンジンを搭載した、ミドシップの高性能スポーツモデルである。

プロダクトとしては「540C」や「570S」「570GT」などと同じ「スポーツシリーズ」に属するが、エンジンフードから上向きにマフラーを突き出したトップエグジットタイプのエキゾーストシステムや、2種類の新しい超軽量アロイホイールのデザインなど、「570Sクーペ」と比べて約4分の1の部品が刷新されているという。

特にエアロダイナミクスについては、フロントスプリッターやサイドシル、大型のディフューザー、固定式リアイウングなどを装着した新しいカーボンファイバー製ボディーの採用により、250km/h走行時のダウンフォースを他のスポーツシリーズのクーペより100kg増大。足まわりにも、スーパーシリーズで導入した鍛造アルミニウム製ダブルウイッシュボーン式サスペンションや、より強固なアンチロールバーなどを採用しており、最低地上高を8mm低めている。

さらに、タイヤには専用設計の「ピレリPゼロ トロフェオR」を装着。0-100km/h加速は上級モデル「675LT」に匹敵する2.9秒、0-200km/h加速は8.2秒、最高速は328km/hという動力性能を実現するとともに、サーキットでは675LTを上回るコーナリングスピードもかなえているという。

一方、ブレーキには、軽量キャリパーやカーボンセラミック製ディスク、「マクラーレン・セナ」譲りのブレーキブースターからなるシステムを搭載しており、車速200km/hの状態から117mの距離で停止できる制動力を実現している。

生産期間は2018年10月からの12カ月で、限られた台数のみがオーナーに届けられるという。

(webCG)

© webCG Inc. 提供

webCGの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon