古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ランドローバー・ディスカバリーHSE(ディーゼル)/ディスカバリーHSE(ガソリン)【試乗記】

webCG のロゴ webCG 2017/06/25 webCG

ランドローバー・ディスカバリーHSE(ディーゼル)/ディスカバリーHSE(ガソリン)【試乗記】 © webCG Inc. 提供 ランドローバー・ディスカバリーHSE(ディーゼル)/ディスカバリーHSE(ガソリン)【試乗記】

ランドローバー・ディスカバリーHSE(ディーゼル)(4WD/8AT)/ディスカバリーHSE(ガソリン)(4WD/8AT)

ヒエラルキーが揺らぐ

英国の大型SUV「ランドローバー・ディスカバリー」が5代目にフルモデルチェンジ。これまでの四角張ったスタイリングを捨て、スラントノーズのスポーティーなイメージに一新された新型の出来栄えをリポートする。

“レンジ スポーツ”よりデカい

これは、レンジローバーの上なのか下なのか!? 新型ディスカバリーをまのあたりにして、まずそう思った。

ディスカバリーなのだから、上であるはずはないのだが、スペックも押し出しもレンジローバーに負けていない。価格的(779万円より)にはさすがにまだ御大とは差があるが、スポーティー系レンジローバー、「レンジローバー スポーツ」よりボディーはスリーサイズすべてで大きい。全幅は2mちょうど。2.4tに迫る車重はレンジローバースポーツより重い。段付きルーフのデザインアイコンを残した結果、1m89cmに達する全高は、「ディフェンダー」なきあとの現行ランドローバーで一番のノッポである。

エンジンは、ディーゼルの3リッターV6ターボと、ガソリンの3リッターV6スーパーチャージャー。このうち目玉になるのはガソリンモデル+20万円で用意されるディーゼルだろうが、ともにレンジローバー/レンジローバー スポーツにすでに搭載されているエンジンである。

現在、日本でのランドローバー販売は、「レンジローバー イヴォーク」が過半数を占めているという。今度のディスカバリーがレンジローバーとイヴォークのギャップを埋めるモデルであるのはたしかだが、新型の成り立ちは横置き2リッター直4ターボのイヴォークよりだいぶレンジローバー寄りだ。メーカーでは「多用途性に優れた定員7人のフルサイズSUV」とうたっている。

© webCG Inc. 提供

それぞれに魅力がある

清里の試乗会で最初に乗ったのは、「HSE」のディーゼル(799万円)。ひとコマ90分という忙しい時間割だったので、可能な限り、一生懸命走った。

その印象をひとことで言うと、これは“走れるデブ”ならぬ、走れる大型SUVである。まず3リッターディーゼルターボの地力がスゴイ。258psの最高出力はガソリンに及ばないが、最大トルクは3割増しの600Nm。ディーゼルならではのウルトラトルクで、巨漢を意識させない動力性能を発揮する。

車外で聞くアイドリングは、ディーゼルとはわからないほど静かだが、車内にいると、それなりに野太い音がする。だが、走りだせば音はまったく気にならない。4000rpmを超すトップエンドまで滑らかに回る高級V6ディーゼルだ。

この出来だと、3リッターV6スーパーチャージャーも影が薄かろう。そう思いながらガソリンの「HSE」に乗り換えると、これはこれでよかった。ディーゼルほどのモリモリした力強さはないものの、6500rpmまで伸びる気持ちのよさはガソリンエンジンならではだ。そのおかげで、クルマの動きもより軽快に感じる。

今回、燃費計測はできなかったが、試乗車のトリップコンピューターは、ディーゼルが8km/リッター台、ガソリンが5km/リッター台を示していた。同じ1リットルの化石燃料でも、やはりディーゼルエンジンの高効率は明らかである。とはいえ、新型ディスカバリーが買えるほどの経済力があったら、ランニングコストをケチらずにガソリンを選ぶ手もありかと思う。

© webCG Inc. 提供

多少の悪路はものともしない

長さ5m、幅2m、高さ1.9m。そこに加えて“コマンドポジション”というランドローバー伝統の高いアイポイント。八ヶ岳山麓の開けたオープンロードで運転していても、ディスカバリーは「デッカイ!」と感じるクルマである。

しかし走っていれば、その巨体をそれほど持て余す感じはしない。標準装備の電子制御エアサスペンションのおかげである。例えば、ガタガタに荒れた舗装路のコーナーでも、逆に地ならしするかのように平然と突破する。筋量の豊かさをイメージさせるたくましい足まわりだ。悪路走行時から荷物積載時まで、上下115mmに及ぶ大きな車高調整シロを持つのはエアサスならではである。

スキー場に設けられたコースでは、悪路走破性能にも触れた。といっても、スタート前、インストラクターから試すように勧められたのはATPC(オールテレインプログレスコントロール)とヒルディセントコントロール、いわばオフロード自動走行装置である。ディスカバリーといえば、初代モデルはキャメルトロフィーのクルマとして有名だったが、いまやったとしたら、参加者はみんな“足操作フリー”で走るのだろうか。

まだるっこしいので、アクセルを踏んで斜面を下っていたら、スピードを出さないでくださいと、レシーバーで注意されてしまった。

© webCG Inc. 提供

今やすっかり高級SUVに

6ライトワゴンスタイルでBピラー後ろの側面ガラスを強調するディスカバリーは、「7人乗り」がひとつの売りである。それも身長190cmの人×7人、といううたい文句が正しいかどうかは160cmの筆者には確認できなかったが、あとふたり用の3列目席は見ても座ってもたしかに立派である。シートの幅がたっぷりしているし、イスの脚の長さも確保されているため、SUVのサードシートにありがちな体育座りの苦行をしいられることはない。

専用アプリをダウンロードすると、電動3列シートをスマホで遠隔操作することができる。例えば、ショッピングセンターでソファを衝動買いしたときに、あらかじめセカンドシート以降をフラットにしておく、なんていう使い方ができる。

だが、標準は5人乗りで、サードシートは約30万円のオプション。電動化も別料金だ。そのほか、パノラミックルーフなどのオプションをふんだんに盛り込んだ試乗車は、いずれも900万円台のプライスタグをつけていた。

89年に登場した初代ディスカバリーは、4リッターガソリンV8で「299万円より」というオネストプライスが売りだった。ローバーと資本関係にあったホンダからは「クロスロード」の名でも販売された。なんて昔話をしても仕方ない。

5代目にあたる新型のキャラクターをひとことで言うと、これは“レンジローバー ディスカバリー”である。グローバルなメインターゲットは、庭に小さな動物園を持っているような中東のお金持ちの子だくさん、だろうか。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=荒川正幸/編集=堀田剛資)

© webCG Inc. 提供

テスト車のデータ

ランドローバー・ディスカバリーHSE(ディーゼル)

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4970×2000×1895mm

ホイールベース:2925mm

車重:2460kg

駆動方式:4WD

エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ ディーゼル ターボ

トランスミッション:8段AT

最高出力:258ps(190kW)/3750rpm

最大トルク:600Nm(61.2kgm)/1750rpm

タイヤ:(前)255/55R20 110W/(後)255/55R20 110W(グッドイヤー・イーグルF1アシメトリックAT SUV-4×4)

燃費:--km/リッター

価格:799万円/テスト車=930万円

オプション装備:メタリックペイント<ユーロンホワイト>(9万7000円)/エボニーヘッドライニング(6万3000円)/InControlプロテクト(4万5000円)/電動調整可倒式自動防眩(ぼうげん)ドアミラー(4万7000円)/5+2シート(28万8000円)/センターコンソールクーラーボックス(5万5000円)/パノラミックルーフ<固定式、サンブラインド電動開閉>(23万3000円)/プライバシーガラス(7万5000円)/ルーフレール<シルバー>(4万7000円)/自動緊急ブレーキ(2万2000円)/プレミアムカーペットマット(3万8000円)/レーンディパーチャーワーニング<車線逸脱警告装置>(2万2000円)/スモーカーズパック(8000円)/コールドクライメイトパック(17万9000円)/ドライブパック(3万4000円)/InControlコネクトプロパック(5万7000円)

テスト車の年式:2017年式

テスト開始時の走行距離:5001km

テスト形態:ロードインプレッション

走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)

テスト距離:--km

使用燃料:--リッター(軽油)

参考燃費:--km/リッター

ランドローバー・ディスカバリーHSE(ガソリン)

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4970×2000×1895mm

ホイールベース:2925mm

車重:2440kg

駆動方式:4WD

エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ スーパーチャージャー

トランスミッション:8段AT

最高出力:340ps(250kW)/6500rpm

最大トルク:450Nm(45.9kgm)/3500rpm

タイヤ:(前)255/55R20 110W/(後)255/55R20 110W(グッドイヤー・イーグルF1アシメトリックAT SUV-4×4)

燃費:--km/リッター

価格:779万円/テスト車=991万9000円

オプション装備:メタリックペイント<モンタルチーノレッド>(9万7000円)/InControlプロテクト(4万5000円)/電動調整可倒式自動防眩(ぼうげん)ドアミラー(4万7000円)/20インチ スタイル5011アロイホイール<5スプリットスポーク グロスブラックフィニッシュ>(7万円)/5+2シート(28万8000円)/シートヒーター&クーラー<フロント・2列目>およびシートヒーター<3列目>(48万7000円)/電動3列目シート<トランクルームからの電動操作>(4万5000円)/センターコンソールクーラーボックス(5万5000円)/ヒーテッドフロントスクリーン<ヒーテッドウオッシャー付き>(3万2000円)/フロントスクリーン用ヒーテッドウオッシャー(2万4000円)/スライディングパノラミックルーフ<サンブラインド付き電動開閉>(29万4000円)/プライバシーガラス(7万5000円)/ルーフレール<ブラック>(4万7000円)/自動緊急ブレーキ(2万2000円)/レーンディパーチャーワーニング<車線逸脱警告装置>(2万2000円)/スモーカーズパック(8000円)/インテリジェントシートフォールド(7万8000円)/ブラックデザインパック(6万4000円)/ドライブパック(3万4000円)/InControlコネクトプロパック(5万7000円)/シートパック4-16ウェイ運転席/助手席シート(30万8000円)

テスト車の年式:2017年式

テスト開始時の走行距離:3627km

テスト形態:ロードインプレッション

走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)

テスト距離:--km

使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)

参考燃費:--km/リッター

© webCG Inc. 提供 © webCG Inc. 提供

webCGの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon