古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

レクサス初の市販EV「UX300e」がデビュー 日本での発売は2021年前半を予定【広州モーターショー2019】

webCG のロゴ webCG 2019/11/22 15:10 webCG
レクサス初の市販EV「UX300e」がデビュー 日本での発売は2021年前半を予定【広州モーターショー2019】 © webCG Inc. 提供 レクサス初の市販EV「UX300e」がデビュー 日本での発売は2021年前半を予定【広州モーターショー2019】

トヨタ自動車は2019年11月22日、中国で開催中の2019年広州モーターショー(会期:11月22日~12月1日)において、レクサスブランドの市販モデルとして初の電気自動車(EV)「レクサスUX300e」を世界初公開した。

UX300eは、コンパクトクロスオーバー「UX」をベースに開発されている。GA-Cプラットフォームを用い、ブレースの追加やショックアブソーバーの減衰力最適化など、EV化による運動特性の変化に合わせ細部までチューニング。低重心化や前後重量配分、慣性モーメントの最適化などにより、優れた運動性能を有するという。

最高出力204PS、最大トルク300N・mのモーターをフロントに、54.3kWhの大容量リチウムイオンバッテリーを床下に配置し、満充電からの航続可能距離は400km(NEDCで計測した数値)となる。

ペダル操作に対して瞬時にトルクが立ち上がるEVならではの力強い加速フィーリングや、4段階から選択・設定できる減速度によりガソリン車のエンジンブレーキと同様の減速操作が行えるなど、EVの特性を最大限に生かしながら自然な操作性を実現したと、トヨタでは走りの特徴を説明している。

バッテリーには、低温/高温下でも正常に動作するよう温度調整機能が備わり、過充電防止システムも搭載される。

専用アプリによるスマートフォンとの連携で、バッテリー残量や走行可能距離の表示、充電の要/不要の確認ができるほか、充電完了時間を把握したり、出発時刻に合わせて充電が完了するようタイマーを設定したりすることもできる。さらにエアコンやシートヒーター、デフロスターなどを車外から稼働させられるなど、最新のコネクティッド技術による高い利便性もセリングポイントとされている。

UX300eは、2020年以降に中国や欧州において順次発売され、日本では2021年前半に発売予定。

(webCG)

レクサス初の市販EV「UX300e」がデビュー 日本での発売は2021年前半を予定【広州モーターショー2019】

レクサス初の市販EV「UX300e」がデビュー 日本での発売は2021年前半を予定【広州モーターショー2019】
© webCG Inc. 提供

webCGの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon