古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

新型「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」が鈴鹿でのタイム更新 2020年1月に正式デビュー

webCG のロゴ webCG 2019/11/28 21:00 webCG

新型「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」が鈴鹿でのタイム更新 2020年1月に正式デビュー © webCG 提供 新型「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」が鈴鹿でのタイム更新 2020年1月に正式デビュー

ルノー・ジャポンは2019年11月27日、「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」の新型を、2020年1月に開催される自動車イベント「東京オートサロン2020」に出展すると発表した。

一気に130kgもダイエット

世代交代したメガーヌR.S.のトップモデル、新型メガーヌR.S.トロフィーRがもうすぐ国内で正式にデビューする。

同モデルは、先行して発売された「メガーヌR.S.トロフィー」と同じ1.8リッター直4直噴ターボエンジン(最高出力300PS、最大トルク400N・m)を搭載。ただし、130kgに及ぶ軽量化を実施することで、さらなるポテンシャルアップが図られている。

減量の目玉となるのは、4輪操舵システム「4コントロール」の不採用(およそ38kg減)と、デュアルクラッチ式6段AT「EDC」の6段MTへの変更(同35kg減)。さらにリアシートも取り除き(同25kg減)、アクラポヴィッチ製のチタンエキゾーストシステム、軽量・高剛性なカーボン製ボンネットおよびリアディフューザーを採用するなど、ハードコアなカスタマイズが施されている。

シャシー性能を高めるアイテムとして、16mmの車高調整機能を備えたオーリンズ製ダンパーやトルセンLSD、特大のブレンボ製ブレーキキャリパーなども装備。さらに、軽量・高剛性なカーボン製ホイールとカーボンセラミックのブレーキディスク(フロントのみ)がセットオプションとして用意される。

鈴鹿のラップタイムを3秒短縮

ドイツ・ニュルブルクリンクにおいて、2019年4月に量産FF車の最速タイム(7分40秒100)を記録した、新型メガーヌR.S.トロフィーR。今回の導入予告に先立ち、同年11月26日には三重・鈴鹿サーキットでも、タイムアタックを実施している。

使用された車両は右ハンドルの日本仕様車で、ステアリングを握ったのはニュルブルクリンクでの計測と同様、ルノー・スポールのテストドライバーを務めるロラン・ウルゴン氏。同氏は先代モデルでも鈴鹿でタイム計測に臨んでいるが、今回は当時の2分28秒465よりも3秒速い、2分25秒454を記録した。

ウルゴン氏によれば、「パワーアップや軽量化といったパフォーマンスアップのおかげで確実に速くなっているものの、(メガーヌR.S.トロフィーRの)新型と旧型とでは、基本的なドライバビリティーに違いはない」とのこと。アドバイザーとして鈴鹿でのタイムアタックに参加したレーシングドライバー谷口信輝氏は「(新型は)人馬一体になれる、走りが楽しいクルマ。それが電子デバイス頼みでないことも特筆すべき点といえる」などとコメントしている。

新型メガーヌR.S.トロフィーRの販売台数は世界限定500台で、フランスでの価格は5万5000ユーロ(およそ663万円)。日本にはこのうち50台前後が割り当てられるものとみられる。トータル500台のうち30台は前述のカーボンホイール仕様で、その国内販売台数は不明だが、価格は標準的なメガーヌR.S.トロフィーRのおよそ200万円増しになるという。

(webCG)

 

新型「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」が鈴鹿でのタイム更新 2020年1月に正式デビュー

新型「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」が鈴鹿でのタイム更新 2020年1月に正式デビュー
© webCG 提供

webCGの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon