古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

最上級4ドアクーペ「アルテオン」日本上陸|Volkswagen

OPENERS のロゴ OPENERS 2017/10/18 OPENERS
© 情報提供元

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは10月17日(火)、新型4ドアクーペ「アルテオン」を10月25日(水)より販売開始すると発表した。

Text by YANAKA Tomomi


2.0リッターガソリンターボと四駆の組み合わせ

欧州ではすでに発売されていた「アルテオン」が東京モーターショーの開幕に合わせ、日本に上陸する。日本では「CC」にかわる新たなフラッグシップと位置付けられる4ドアクーペだ。

アルテオンは、2015年のジュネーブモーターショーで「スポーツ コンセプト クーペ」として登場。今年3月のジュネーブモーターショーでアルテオンとしてワールドプレミアされた。

© 情報提供元 © 情報提供元

ボディサイズは全長4,865×全幅1,875×全高1,435mmと、現行「パサート」より一回り大きいサイズ。大型リアハッチの「ファストバックスタイル」が採用されることで、クーペのようなスタイリッシュなシルエットを演出しながらも、2,835mmと長いホイールベースが広い室内空間を提供する。

パワートレインは最高出力206kW(280ps)、最大トルク350Nm(35.7kgm)を発生する2.0リッターターボのガソリンエンジンを採用。トランスミッションは「ゴルフR」と同じ最新の湿式7段DSGを介して4WDで駆動するのもポイントだ。


© 情報提供元

ラインナップは装備違いの2種

デザインは、左右のホイールアーチ上まで覆うボンネットや水平のフロントグリルバーがそのままLEDヘッドライトと一体となり、ワイドボディを強調。いっぽうのインテリアは、ブラックを基調にRライン デザインを採用。コックピットではジェスチャー コントロール機能付きの純正インフォテインメント「ディスカバープロ」にくわえ、ヘッドアップ ディスプレイなどのインターフェースが取り入れられている。

© 情報提供元 © 情報提供元

安全装備では、事故の起きる可能性を予測し、早い段階での乗員保護機能が可能となった「プロアクティブ オキュパント プロテクション」も標準装備。さらに事故の際、歩行者への衝撃を緩和する「アクティブ ボンネット」なども盛り込まれた。このほかにも自動運転を見据えた運転システムや駐車支援システム「パーク アシスタント」なども採用され、フラッグシップにふさわしい内容となっている。

価格はエントリーグレードの「Rライン 4モーション」が549万円。上級装備の「Rライン 4モーション アドバンス」が599万円だ。

この新型アルテオンは、10月28日(土)より一般公開される東京モーターショーでも展示される。


© 情報提供元

Volkswagen Arteon|フォルクスワーゲン アルテオン
ボディサイズ|全長 4,865 × 全幅 1,875 × 全高 1,435 mm
ホイールベース|2,835 mm
トレッド前/後|1,585 / 1,575 mm
最低地上高|110 mm
車両重量|1,700 kg
エンジン|1,984cc 直列4気筒DOHCターボ
最高出力|206 kW(280 ps)/5,600-6,500 rpm
最大トルク|350 Nm(35.7 kgm)/1,700-5,600 rpm
トランスミッション|7段DSG
駆動方式|4WD
サスペンション前|マクファーソンストラット
サスペンション後|4リンク
ブレーキ|ベンチレーテッドディスク
JC08モード燃費|13.3 km/
定員|5人
最小回転半径|5.5メートル
価格|549万円(Rライン 4モーション)、599万円(Rライン 4モーション アドバンス)


問い合わせ先

フォルクスワーゲン カスタマーセンター

0120-993-199

OPENERSの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon