古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

本気で「欲しい」と思えるクルマに出会えるか

レスポンス のロゴ レスポンス 2019/11/23 06:30

『driver』(ドライバー)2020年1月号

価格:680円(本体価格618円+税)

発行:八重洲出版

海外勢の多くが撤退するなど、開催前から不安視されていた東京モーターショー2019も無事終わり、今年を振り返ると多くの新型モデルがお披露目された。ドライバー1月号では、これから発売されるはずの注目モデル、今アツいコンパクトカー市場を特集。

中でも、東京モーターショー2019に「新型コンパクトSUV」とダイハツブースにサプライズ展示され、注目を集めたアノ車。後に市販車として公表されたダイハツ『ロッキー』/トヨタ『ライズ』だ。この2台はどこが違うのか、そしてカラーやグレード、ライバル比較まで、ディープに検証。

今アツい市場、コンパクトカーにも注目だ。同じ時期にデビュー予定のトヨタ『ヤリス』とホンダ『フィット』2台の解説はもちろん、輸入車や発売前のモデルも含めたモータージャーナリストが本気で選んだ1台を掲載。買う理由は、「小さいけど広い、安くて低燃費」だけじゃない。これからの時代は「だから欲しい!」と思える1台、“価値”組を見つけようと、ドライバー編集部が問いかける。

ドライバー1月号は、「クルマがあった昭和の憧憬 イラストカレンダー2020」を特別付録。昭和、平成を越え令和となった今、ふと目に入るカレンダーが、あの時のクルマと共に懐かしい情景を思い出させてくれるかもしれない。 © IID, INC. 提供

気になる見出し……●最新コンパクトSUV最前線 トヨタ ライズ/ダイハツ ロッキー/CX-30 ●コンパクトハッチバックの価値組はどれだ? ホンダ フィット/トヨタ ヤリスプロトタイプ ●あったよね、あんなこと、こんなこと!東京モーターショー2019総おさらい ●TRD、NISMO、MUGEN、STI ワークス系チューニングのレシピ●新エンジン、新プラットフォーム、新アイサイト!次期型レヴォーグと歴代レガシィ伝説 ●藤島知子がサーキットを激走! ルノー メガーヌR.S.トロフィー-試乗●日本のプレミアムはここまで来た レクサス RX、LS、LC一気試乗

レスポンスの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon