古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

某日本車になんとなく似ている!? MGがロンドン・モーターショーでコンパクトSUV「XS」を発表!!

Autoblog 日本版 のロゴ Autoblog 日本版 2017/05/15
© Autoblog 日本版 提供

【ギャラリー】2017 MG18

MGが日本で正規販売されなくなってから10年以上も経過して、その存在を忘れかけていた読者も多いだろう。MGローバーは2005年に破たんし、中国資本となり、現在は上海汽車の傘下に入っている。

そんなMGだが、MGモーターUKは、5月4日から開催されているロンドン・モーターショーで、全く新しいコンパクトSUVの「MG XS」を正式に発表した。ちなみに、名称のXはEXTRAでSはSUVの意味とのこと。

ライト周りやグリルの造形、カラー等は、何となく広島系の雰囲気を感じさせるが、特に兄弟車というわけではない。

© Autoblog 日本版 提供

XSは2017年後半から発売される予定で、2つのタイプのエンジンが用意されている。詳細な仕様や価格などは今年後半に発表される予定となっている。

画像は中国国内で既に「ZS」という名称で発表されているモデル。ほぼこのモデルの右ハンドル仕様になると思われる。

© Autoblog 日本版 提供

インテリアは、欧州車のデザイントレンドを採り入れた今風の仕上がり。なんとなくフォルクスワーゲン系のデザインに似ている気もするがそれもそのはず、上海汽車はフォルクスワーゲンの車両も中国国内で生産しているので、フォルクスワーゲンのデザインの影響を大きく受けているのだろう。

© Autoblog 日本版 提供

スポーツカー・ブランドであったMGは、現在はイギリス国内ではコンパクトカーしか販売していない。また、今年投入されるXSもSUVということで、スポーツカーから決別したようにも見えるが、実はそうではない。

上海モーターショーでは画像の「E-Motion」コンセプトを出展しており、スポーツカー・ブランドとしての道も検討されているようだ。

ちなみに、こちらもどことなくマツダ「シナリ」を想わせる造形であり、ビュイック「Avista」にも似ているとの指摘もある。なお、上海汽車ではビュイックも作っているので、ビュイックのデザインの影響を強く受けている可能性もある。

自動車メーカーが従来の枠を超えてグローバル化し、最新のデザイントレンドを追い求めていくと、デザインの独自性が失われてしまう気がするのは筆者だけだろうか。

MG XS 公式サイト

http://mg.co.uk/xs/

上海汽車集団 公式サイト

http://www.saicgroup.com/chinese/index.shtml

#MG #XS

Autoblogの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon