古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Cars Tokai Dream28、体制堅持もホワイトベースのカラーに一新

motorsport.com のロゴmotorsport.com 2019/01/11 17:54
#2 シンティアム・アップル・ロータス(高橋一穂/加藤寛規) © Motorsport.com / Japan #2 シンティアム・アップル・ロータス(高橋一穂/加藤寛規)

Cars Tokai Dream28が2019年のスーパーGT参戦体制を発表。ホワイトベースにグリーンのラインが入った新カラーリングのエヴォーラMCを使用する。

 Cars Tokai Dream28が、東京オートサロンのロータスブースで2019年のスーパーGT GT300クラス参戦体制を発表。2006年から続く高橋一穂と加藤寛規のコンビを継続する。

 マシンはマザーシャシーのロータス・エヴォーラMCを使用とこちらにも変更はない。大きく変わったのは、マシンのカラーリングだ。ここ数年は黒ベースのカラーリングだったが、アンベイルされたマシンはホワイトをベースに、ペトロナスカラーのグリーンのラインが走る鮮やかなカラーリングとなった。

 加藤も「カラーリングは初めて見ましたが、すごく速そうです。これに負けない走りを見せたいです」と語ると、高橋も「今年は表彰台を狙いたいです」と意気込んだ。

motorsport.comの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon