古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

MINIブースの主役は100%電気自動車の「MINIクーパーSE」【フランクフルトショー2019】

webCG のロゴ webCG 2019/09/11 16:00 webCG
MINIブースの主役は100%電気自動車の「MINIクーパーSE」【フランクフルトショー2019】 © webCG Inc. 提供 MINIブースの主役は100%電気自動車の「MINIクーパーSE」【フランクフルトショー2019】

独BMWは、第68回フランクフルト国際モーターショー(開催期間:2019年9月10日~9月22日)に、MINIブランド初の量産電気自動車「MINIクーパーSE」を出展した。

MINIクーパーSEは、2017年9月のフランクフルトモーターショーで世界初公開された「MINIエレクトリック・コンセプト」の量産市販モデル。コンセプトモデルの登場からおよそ2年を経た2019年7月に披露され、今回、フランクフルトでのモーターショーにも展示された。

駆動用モーターはフロントに搭載されており、最高出力184PS(135kW)を発生。0-100km/h加速は7.3秒で、最高速は150km/hと公表される。

床下におさまるリチウムイオンバッテリーの容量は32.6kWh。出力11kWの充電器を使った場合、2時間半以内に80%のエネルギーを補給できるという。一充電あたりの航続可能距離は最長270kmとされており、今回の出展に際しては、BMW本社のあるミュンヘンからショー会場のフランクフルトまでの約400kmを自走、1回の途中充電で完走している。

MINIクーパーSEは、2019年11月に英国オックスフォードの工場で生産が開始され、その後グローバルに供給される。ドイツにおけるスタート価格は、3万2500ユーロ(約386万円、19%の付加価値税含む)になる見込み。

◆「MINIクーパーSE」のフォトギャラリーはこちら

(webCG)

© webCG Inc. 提供

webCGの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon