古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

“最強ラインアップ”で連覇目指す! ヒュンダイが2020年型i20クーペ WRC公開

motorsport.com のロゴmotorsport.com 2020/01/14 18:05 Jamie Klein
Hyundai i20 Coupe WRC © Hyundai Motorsport Hyundai i20 Coupe WRC

ヒュンダイモータースポーツは、2020年シーズンのWRC(世界ラリー選手権)に参戦するi20クーペ WRCを公開した。

 2019年のWRC(世界ラリー選手権)でマニュファクチャラーズ・チャンピオンに輝いたヒュンダイ。トヨタからオット・タナクを獲得するなど王座防衛に向けて万全な体制を整えつつある同社は、2020年仕様のi20クーペ WRCを公開した。

 ヒュンダイは昨年に引き続き、2020年シーズンも全てのラウンドで3台のマシンを投入する。タナクとティエリー・ヌービルは全戦を戦うが、ダニ・ソルドとセバスチャン・ローブは3台目のマシンをシェアする形となる。なお、ふたりがどのような割り振りでマシンをシェアするのかは明らかとなっていない。

 チーム代表のアンドレア・アダモは次のようにコメントした。

「我々は2019年に極めて素晴らしいシーズンを送った。しかし、2020年に向けてまた気持ちを新たにして戦う」

「我々の次のシーズンでの目標は明確だ。それぞれのイベントで勝利を目指して戦い、ドライバー、そしてマニュファクチャラーズの両タイトルを獲得することだ。競争はますます激しさを増すだろうから、限りなく強力な技術パッケージを作り上げなければいけない」

「我々はティエリー、オット、ダニ、そしてセバスチャンという、WRCでも最も強力なラインアップを誇っている。このような才能あふれる人材を引きつけられるということは、モータースポーツにおけるヒュンダイの評判の高さを表している。私はこれからやってくるシーズンに全力を注いでいる」

 トヨタに1994年以来のドライバーズタイトルをもたらしたタナクは、ヒュンダイへと電撃移籍。12月には既にヒュンダイのマシンをテスト済みだ。

「僕の新しい“ホーム”であるヒュンダイモータースポーツは、僕のことを暖かく迎え入れてくれた」とタナクは語った。

「チームを移籍していきなり速く走ることは決して簡単なことではないけど、良い方向に向いていると感じる」

「チームはマニュファクチャラーズタイトルを獲得したことで、WRCのトップを走れることを証明済みだ。初めてこのマシンに乗った時の印象も非常に良く、今年タイトルを獲得することができると確信している」

Read Also:

トヨタ加入のオジェ、タナク離脱の理由は「本人じゃないから分からない」ヒュンダイに移籍のタナク、トヨタは“円満離脱”?「来年はライバルだね」トヨタ離脱のミーク、WRC“フル参戦”は引退? 今後はダカールラリーにも挑戦かオジェ、シトロエン発表の撤退理由に驚き「他のドライバーたちに失礼だ」WRCのハイブリッド化で参入メーカーは増える? 詳細決定は2020年に持ち越し

motorsport.comの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon