古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

【鈴鹿サウンド・オブ・エンジン2017】ヒストリックF1マシン、13台がデモ走行予定

レスポンス のロゴ レスポンス 2017/08/10 纐纈敏也@DAYS

鈴鹿サーキットは、11月18日・19日に開催するヒストリックイベント「RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2017」で行う、マスターズ・ヒストリック・フォーミュラ1デモンストレーションに出場する車両を発表した。

マスターズ・ヒストリックF1デモンストレーションには、マクラーレン、ウイリアムズ、ロータス、ティレルなどの名門コンストラクターや、日本のプライベートチームが製造した車両、往年の名ドライバーがドライブした車両、1976年・77年に富士スピードウェイで開催されたF1世界選手権に出場した車両など、貴重な13台ものヒストリックF1車両が鈴鹿サーキットに集結する。

同イベントでは、11月18日にスペシャルステージ方式で1台ずつのタイムアタック走行を実施、19日はローリングスタートでのデモンストレーションレースを開催。コレクターでもあるマシンオーナーなどがステアリングを握り、往年のF1マシンが懐かしのサウンドを響かせ、鈴鹿サーキットを駆け抜ける。

登場するF1マシンは以下の13台。

・ティレル001(1970年)

・ブラバムBT37(1972年)

ロータス76(1974年): 【鈴鹿サウンド・オブ・エンジン2017】ヒストリックF1マシン、13台がデモ走行予定 【鈴鹿サウンド・オブ・エンジン2017】ヒストリックF1マシン、13台がデモ走行予定

・ ヘスケス308B(1974年)

・ロータス76(1974年)

・マキF101C(1975年)

・ウイリアムズFW04(1975年)

・マーチ761(1976年)

・マクラーレンM26(1976年)

・ペンスキーPC4(1976年)

・ブラバムBT49C(1981年)

・ウイリアムズFW08(1982年)

・ロータス92(1983年)

・ティレル012(1983年)

なお鈴鹿サーキットでは9月17日より前売りチケットの販売を開始。イベント観戦1日券は大人2500円、中高生~3歳までは入園料で観戦可能。イベント観戦2日券は大人3500円、中高生1700円、小学生800円、3歳~未就学児600円。

レスポンスの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon