古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

【鈴鹿8耐】4時間経過…独走のNo.21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMの勢いを止められるのか?

レスポンス のロゴ レスポンス 2017/07/30 先川知香

2017“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第40回記念大会の決勝レースは、No.634 MuSASHi RT HARC-PRO Hondaと、No.21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMが何度も順位を入れ替えながら、サイドバイサイドの激しいバトルを展開する。

約3時間が経過したところでトップNo.21、2番手No.634が同タイミングでピットイン。ピットアウトでは2台の順位は変わらなかったが、No.634はトップに着々と迫っていった。71周目、トップとの差を約1秒のところまで詰めたNo.634はヘアピンでまさかの転倒! ここからNo.21の独走が始まった。

トップと2位以下の差は約1分半。2番手争いはNo.5 F.C.C.TSR HondaとNo.11 カワサキTeamGREENとの激しい争いとなった。

2017鈴鹿8耐:スタート4時間経過時点順位

1.No.21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM(109周)

2017鈴鹿8耐: 【鈴鹿8耐】4時間経過…独走のNo.21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMの勢いを止められるのか? 【鈴鹿8耐】4時間経過…独走のNo.21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMの勢いを止められるのか?

2.No.5 F.C.C.TSRホンダ(+1分39秒)

3.No.11 カワサキTeamGREEN(+1分48秒)

4.No.634 MuSASHi RT HARC PRO.Honda(1周遅れ)

5.No.71 Team KAGAYAMA(1周遅れ)

レスポンスの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon