古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

テーマは“サムライスピリッツ”。K-tunes Racingが新始動

motorsport.com のロゴmotorsport.com 2018/01/12 23:05 松本和己

 インタープロトや86/BRZレースなどで参戦実績のあるK-tunes RacingがLMcorsaとタッグを組んで新たにスーパーGT300クラスに参戦することが12日、東京オートサロンの会場で発表された。

K-tunes Racing参戦発表 © Tomohiro Yoshita K-tunes Racing参戦発表

 K-tunes Racingは岡山トヨペットが立ち上げた社内チーム。インタープロトシリーズや86/BRZレースなどで活躍をしていたが、今年は実績のあるLMcorsaとタッグを組んでスーパーGTに参戦することになった。使用マシンやメンテナンス体制等は、昨年の#51 JMS P.MU LMcorsaを引き継ぐような形にはなっているが、アンベールされたレクサスRC F GT3のカラーリングは昨年とは全く異なる印象を持つデザインに仕上がっている。またカーナンバーも新しく#96となる。

 チームのコンセプトは「Samurai」。岡山は桃太郎伝説の地として有名だが、同時に剣豪武蔵が生まれた場所。サムライスピリッツをテーマに2018シーズンに挑んでいく。

 注目のドライバーはGT300クラスでは歴代最多となる通算18勝を誇る新田守男と昨シーズンは2勝を挙げ、ランキング3位に入る活躍を見せた中山雄一。チーム監督は影山正彦氏が務める。なおタイヤはブリヂストンタイヤを装着。

 昨シーズンはデビューイヤーながら、チャンピオン争いに絡むほどの活躍を見せたレクサスRC F GT3。新しい体制で動き出すチームにはなるが、間違いなく今年もタイトル争いに絡んでくるチームとなりそうだ。

取材・執筆/吉田知弘

motorsport.comの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon