古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ロッシ、MotoGPバーチャルレース参加中止。イベントは29日深夜に開催予定

motorsport.com のロゴmotorsport.com 2020/03/26 11:58 Lewis Duncan
Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing © Gold and Goose / Motorsport Images Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing

3月29日に予定されているMotoGPのバーチャルレースイベントだが、ヤマハのバレンティーノ・ロッシが当初の予定と異なり、参加しないことが分かった。

 3月24日(火)、MotoGPのプロモーターであるドルナ・スポーツは、新型コロナウイルスの影響でレース延期が続いている状況に対し、公式ゲームの『MotoGP 19』を使用したバーチャルレースイベントを29日(日)に行なうと発表した。

 このイベントには現MotoGPチャンピオンのマルク・マルケスをはじめとしたスター選手の参加が予定され、その中にはヤマハのバレンティーノ・ロッシも含まれていた。

 しかし25日(水)に、ドルナが発表したプレスリリースでは、ロッシはこのイベントの参加者に含まれていなかった。

 ロッシの参加取りやめについては理由は明かされていないが、ドルナは次のように述べている。

「事前に参加の確認をしていたが、#46バレンティーノ・ロッシは(バーチャルレースに)参加しないこととなった」

 今回のバーチャルレースはムジェロ・サーキットを舞台に行なわれ、5分間の予選と、6周のレースで争われる。

 ホンダからはマルク・マルケスとアレックス・マルケスのマルケス兄弟、ヤマハはマーベリック・ビニャーレスが参加する。またペトロナス・ヤマハSRTのファビオ・クアルタラロも名を連ねた。

 スズキからはアレックス・リンスとジョアン・ミルの両名が参加。アプリリアはアレイシ・エスパルガロが参加する予定だ。

 そこにテック3・KTMのイケル・レクオナ、ミゲル・オリベイラ、プラマックのフランチェスコ・バニャイヤを含めた計10名がバーチャルレースへ参加する。なおMotoGPの公式eスポーツシリーズの選手は参加しないようだ。

 このイベントは日本時間で29日の22時から行なわれる予定で、MotoGP.comやその他TV局やソーシャルメディアなどでも配信される予定だ。

 なおこのイベントが1度限りのものなのか、それともシリーズとして行なわれるのかは不明だ。

 新型コロナウイルスの影響によってモータースポーツも延期や中止などの対応を迫られているが、こうしたバーチャルレースにはF1も取り組んでおり、F1バーレーンGPの週末にはバーレーン・インターナショナル・サーキットを舞台とした公式バーチャルGPが開催された。

 MotoGPの今後のスケジュールは、5月初旬のスペインGPが直近の開催予定だが、感染の収まりを見せていない状況の中ではスペインGPも延期されるだろうと広く予想されている。

motorsport.comの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon