古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

鈴鹿に近付く台風19号。FIA「サーキットやJAFと連携して、対処の準備を」

motorsport.com のロゴmotorsport.com 2019/10/10 08:49 Jonathan Noble
Race winner Fernando Alonso celebrates © XPB Images Race winner Fernando Alonso celebrates

日本列島に接近中の”猛烈な”台風19号。鈴鹿サーキットで開催されるF1日本GPもその影響を受ける可能性があるが、F1は混乱が生じることのないように準備を進めている。

 大型で猛烈な勢力を保ちながら日本列島に接近しつつある台風19号。今週末に三重県の鈴鹿サーキットで行われる予定のF1日本GPも、この影響を受ける可能性がある。

 台風の正確な進路はまだ定かではないが、現在の予報によれば、鈴鹿は土曜日に悪天候に見舞われる可能性が高いと見られている。台風19号は大型であり、勢力を維持したまま日本列島に近付くとみられていて、もしこの影響が鈴鹿にも及ぶことになれば、日本GPのスケジュールは変更を余儀なくされることになるだろう。

 2004年には、台風接近の影響により、土曜日のスケジュールが全て中止になったことがある。この時は予選を日曜朝に延期し、いわゆる”ワンデー開催”としてグランプリを行なった。

 FIAに今回の件を尋ねると、気象状況を注意深く監視し、サーキット主催者や日本自動車連盟(JAF)、F1などと密に連携し、何らかの行動を起こす必要があるかどうか、そしてスケジュールの変更を行うべきかどうかを確認すると語った。

© The Motorsport Network 提供 © The Motorsport Network 提供

motorsport.comの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon