古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

鈴鹿10時間参戦ビンゴスポーツのコルベット、カラーリングを発表

motorsport.com のロゴmotorsport.com 2018/08/10 17:11
Niki Lauda, Non-Executive Chairman, Mercedes AMG © Steve Etherington / LAT Images Niki Lauda, Non-Executive Chairman, Mercedes AMG

 8月23〜26日に鈴鹿サーキットで行われる鈴鹿10時間耐久レースに参戦するキャラウェイ・コンペティションwithビンゴレーシングが、マシンカラーリングとドライバーラインアップを発表した。

 今年初開催となる鈴鹿10時間耐久レース。同レースに参戦を表明しているキャラウェイ・コンペティションwithビンゴレーシングが、その参戦体制を発表した。

 同チームが走らせるのは、コルベットC7 GT3-R。ドライバーには武井真司、上村優太、三笠雄一の3人を起用。メインスポンサーはFUJIMAKI GROUPが務めることになった。

 なおマシンのカラーリングは、ニューヨークのアマチュアフットボールクラブ”NOWHERE FC”とビンゴレーシングのデザインチームのコラボレーションによるものだという。

 鈴鹿10時間耐久レースは、8月23日(木)の夕方に最初の特別スポーツ走行が行われて幕開け。翌24日(金)にはフリー走行などが行われた後、25日(土)に予選、26日(日)に決勝というスケジュールとなっている。

motorsport.comの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon