古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

F2の“紅一点”カルデロン、2020年はアメリカに?「F1へのルートはひとつじゃない」

motorsport.com のロゴmotorsport.com 2019/12/03 15:41 Jack Benyon
Tatiana Calderon, Arden © Joe Portlock / Motorsport Images Tatiana Calderon, Arden

2019年のFIA F2に参戦したタチアナ・カルデロンは、2020年はF2以外のカテゴリーを戦う可能性が非常に高いことを明かした。

 アルファロメオF1のテストドライバーであり、2019年シーズンは女性ドライバーとしてただひとりFIA F2に参戦したタチアナ・カルデロン。彼女は2020年も同カテゴリーに継続参戦することがかなり厳しくなっていることを認め、他の選択肢を模索していると語った。

 カルデロンは今季、BWTアーデンからF2デビューを果たしたが、上位争いに食い込むことはできず、フル参戦したドライバーの中で唯一の無得点でランキング21位に終わった。

 2020年シーズンはメルセデス傘下のHWAがアーデンを買収し、そのエントリーを引き継ぐ形で新チームとして参戦する。ドライバーはジュリアーノ・アレジとアーテム・マルケロフのコンビとなることが既に発表されている。

「まだ明確な計画はありません。私はテストを見るためにここ(アブダビ)に残りますが、正直なところ(2020年に)F2に留まるのはかなり難しそうです」

 そうカルデロンはmotorsport.comに対して語った。

「資金も大きな問題のひとつです。現時点では他の選択肢も検討していますが、F1にたどり着きたいという思いは変わっていません」

「1年(F2から)離れると、マシンの見た目は変わってしまい(2020年からタイヤのホイールリム径が18インチに変更)、アップデートもされるでしょう。今週末には良いニュースがあることを願っています」

 またカルデロンは、女性のみで争われるフォーミュラカーシリーズである“Wシリーズ”のドライバーセレクションにアドバイザーとして招待された。しかし彼女は、2年目を迎えるこのシリーズに「関心がない」と語った。

 2020年シーズンに向けて最も可能性の高い選択肢について尋ねられたカルデロンは、こう返した。

「私はアメリカ行きも検討しています。私はマシンを走らせることが好きですし、(アメリカでは)様々なマシンをドライブする機会があります。もちろんF1を目指しているのですが、F1へのルートは他(F2以外)にもあります」

「そういう点では、フォーミュラEも同様に検討しています。それは“レース”とは少し違った競技だと思っていますが、そこで役割を得ることはとてもクールなことだと思います」

 コロンビア人のカルデロンは、過去にアメリカでキャリアを積んでいる。2011年にスターマツダ(現在のインディ・プロ2000)で総合6位となった後、翌年からヨーロッパのレースに挑戦している。

 インディカーを魅力に感じるかどうかについて、カルデロンは次のように語った。

「オーバルはあまり好きではありませんが、それを除けばとても興味深いものだと思います」

「インディカーにはインディ・ライツというカテゴリーがあります。私はそこをテストして、アメリカにチャンスがあるかどうかを確かめたいと思っています」

Read Also:

女性ドライバーのカルデロン、F1マシンのドライブは”新しい一歩”と語るラグナタン、今季2度目の出場停止を“ルールの抜け穴”によって回避スパの悲劇から3カ月……コレアが怪我の状態とレース復帰への想い語る

motorsport.comの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon