古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「希望あるドラマに」吉岡里帆、“はるたん”田中圭に思わず視聴者目線

クランクイン のロゴ クランクイン 2018/07/12 06:00 ハリウッドチャンネル株式会社
『健康で文化的な最低限度の生活』主演・吉岡里帆(C)カンテレ © Hollywood Channel 提供 『健康で文化的な最低限度の生活』主演・吉岡里帆(C)カンテレ

 女優の吉岡里帆が、主演ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の取材に応じた。生活保護というセンシティブな問題を描いた本作について「人と人との密接な関わり合いや、一対一で向き合うことの大切さがテーマに盛り込まれている」と語った吉岡は、「実際問題として起こっていることが描かれているので目を背けちゃいけない」と意気込んだ。

 生活保護の実態に切り込み、高い評価を得ている柏木ハルコの同名コミックが原作。吉岡演じる主人公・えみるが「生活保護受給者」と関わりながら、成長していく姿を描いたヒューマンドラマだ。

 2018年1月期には、『きみが心に棲みついた』で連ドラ初主演を果たし、2人の男性の間で揺れ動く女性を演じて大きな反響を集めた吉岡が、本作では「良くも悪くも普通。就職したばかりで何も知らない」と吉岡自身が分析する、22歳のケースワーカーを演じる。「でも、頑張って働いていきたいという希望を持っている、不器用だけど、すごくお人好しで、等身大」とも話す。

 吉岡は「目をそらしてはいけない部分をしっかりと抽出して生々しく描きながらも、観た後に明日も頑張ろうと思ってもらえるような脚本だと思います」と語り、「難しい題材ですが、夏ドラマなので、エネルギッシュな、希望のある作品にしたい」と笑顔を見せた。

 また、井浦新、田中圭、遠藤憲一ら実力派俳優たちの豪華共演陣にも注目。主人公・えみるの先輩・半田を演じる井浦とは共演経験もある吉岡だが、「そのときは直接(絡む)お芝居ができなかったので、『いつか一緒にお芝居したい』と話してたんです。なので、すごく感慨深いです。井浦さんはすでに半田さんそのもので、こんな先輩に恵まれたら幸せだと思います。知的で優しい方」と井浦との共演を喜んだ。

 初共演となる田中については「ドラマ『おっさんずLOVE』(テレビ朝日系)で全然違う役を演じられていたので、ついつい視聴者目線で田中さんを観てしまうのですが…(笑)」と明かすと、「係長という役を全然違う人物として演じてくれると思うので、しっかりと向き合って一緒に作っていきたい」と意気込んだ。

 新ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活」は、カンテレ・フジテレビ系にて7月17日より毎週火曜21時放送。

クランクインの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon