古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

今泉佑唯、“4代目あずみ”の重圧明かす「今から緊張してます」

ORICON NEWS のロゴ ORICON NEWS 2020/02/14 14:07 ORICON NEWS

 元欅坂46の今泉佑唯が14日、東京・新宿の花園神社で行われた舞台『あずみ~戦国編~』の公演成功祈願会見に出席。上戸彩、黒木メイサ、川栄李奈に続き“4代目あずみ”に抜てきされた今泉は「歴代そうそうたる方があずみを演じていられているので、すごく今から緊張してます」と心境を明かした。

 小山ゆうの漫画『あずみ』が原作の同舞台は、戦国時代に刺客として育てられた少女・あずみが戦国の乱世に身を投じていくさまを描く。3月14日~29日に東京・渋谷のBunkamura シアターコクーン、4月4日~5日に大阪・森ノ宮のCOOL JAPAN PARK OSAKA WWホールで上演。

 けいこがスタートして1週間。今泉は「けさ斬りや胴切りと言われても、基本的な構えから分からなかった」と苦労をにじませながら、「プレッシャーもあるけど、作品に携わるみんなで、新しいあずみを作り上げたい。あと1ヶ月しかないので、精一杯頑張りたい」と気合十分に語った。

 会見にはそのほか、瀬戸利樹、味方良介、高橋龍輝、演出の岡村俊一氏が出席。同日がバレンタインデーとあって、今泉がチョコレートを報道陣に配るなど、作品のPRにも全力を注いでいた。

ORICON NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon