古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

大島優子の驚異的暗記力 共演の鈴木浩介「極太です」

デイリースポーツ のロゴ デイリースポーツ 2016/04/28 デイリースポーツ/神戸新聞社
舞台「美幸-アンコンディショナルラブ」の会見を行った大島優子=大阪市内 © デイリースポーツ/神戸新聞社 舞台「美幸-アンコンディショナルラブ」の会見を行った大島優子=大阪市内

 元AKB48で女優の大島優子(27)が28日、大阪市内で舞台「美幸-アンコンディショナルラブ」(東京公演5月12~24日、本多劇場 大阪公演同27~30日、サンケイホールブリーゼ)の会見を行った。

 昨年秋の「No.9-不滅の旋律-」に続き、2作目の舞台出演。鈴木浩介(41)との2人芝居で、約1時間半の舞台はほとんどしゃべりづめというほど、セリフが多いという。鈴木に「舞台2本目で、この分量のセリフを受け入れている大島さんは極太です」と太鼓判を押された大島は「覚えるのは得意。でも前にあったものを忘れていくんです」と明かしていた。

 ストーリーは、大島演じる主人公の美幸が学生時代に卑劣ないじめを受けたことがきっかけで、大人になって会社で出会った男性に自分の過去の境遇をオーバーラップさせ、無償の愛を誓うという展開。大島は「美幸の愛情は、時に哀とも受け取れる。いろんな形の愛はあるが、美幸はかっこいいなと思った」と役柄への愛着を語った。

デイリースポーツの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon