古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

岡村隆史「キャラクター演じられるのはあと数年。女装もカツラもアカンと」 テレビの見方の変化に疑問呈す

サンケイスポーツ のロゴ サンケイスポーツ 2017/10/06
岡村隆史「キャラクター演じられるのはあと数年。女装もカツラもアカンと」 テレビの見方の変化に疑問呈す: ナインティナインの岡村隆史 © サンケイスポーツ 提供 ナインティナインの岡村隆史

 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(47)が5日、ニッポン放送「岡村隆史のオールナイトニッポン」(金曜前1・0)に出演。テレビ番組に対する見方が厳しくなっていることについて、「テレビでキャラクターを演じられたりするのはあと数年です」と見解を語った。

 岡村は28日に放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP」に対して、LGBT(性的少数者)への差別と偏見を助長すると抗議があったことについて触れ、「『今はもう時代がそうじゃない』って言われたら、そうなんでしょうけど。このあと、もう数年でしょうね。キャラクターとか演じられるのも。あと数年じゃないですか。おそらくこの先いったら、もう女装もしたらアカン、カツラもかぶったらアカン。そういう時代がくるんじゃないですか」と予想した。

 また、視聴者のテレビの見方について「『どこをつついたろうかな』と思ってテレビを見ているのだろうか」と嘆き、4日に放送されたフジテレビ系『おじゃMAP!!』(水曜後7・0)の特番内で、草なぎ剛(43)がクラシックカーを運転した際に、「シートベルトを着用していない」という指摘がネットで騒ぎになったことに触れて「(番組の中で)何回も昔の車はシートベルトせんでええねやって出てるのに、騒いでる人はそれを見ていない」と嘆いた。

 さらに、「ウソかホンマか分かりませんけど」と前置きしつつ、罰ゲームでお尻を叩くのはイジメを助長するからよくないという意見があることに「助長するのかなぁって思ってまうねんけどなぁ」と疑問を呈した。

 そして「だから、あと数年です。テレビでそうやってキャラクターを演じられたりするのは。そうなったらもう『ありがとうございました』って言うしかない。『もう、いろいろ、やらせていただきまして、どうもありがとうございました』って言うて、どんどん、どんどん、終わりを告げるのを待つしかないというね。悲しい時代になってしまった。悲しい色やね」とまとめた。

 さらに、フジテレビ内でとんねるずの木梨憲武(55)と偶然すれ違った際に、木梨が「いろいろ言われちゃって…」と言っていたことを明かした。岡村は「それしか言わはらへんかった。いろいろ思いはあるでしょうけども。そういう時代やねんなって思って」と木梨の心中をおもんぱかっていた。

 日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の年末特番「笑ってはいけない」シリーズの罰ゲーム「ケツバット」が廃止されると、一部で報道されていた。

サンケイスポーツの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon