古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

志村けん「インスタに局部画像」の致命的な“黒い疑惑”とは!? 関係者「女性タレントから聞いた話だと…」

TOCANA のロゴ TOCANA 2017/04/20 株式会社サイゾー
© TOCANA 提供

 大御所芸人・志村けんのインスタグラムに突如として無修正の男性局部写真がアップされ、すぐさま削除されるという騒動が勃発した。志村サイドは“不正アクセスによる乗っ取り”だと主張。警察に被害の報告をしたと発表した。だが、これを額面通りに受け止めている人はかなり少ないだろう。志村はこれまでもお気に入りの女性に局部写真を送りつけることがあったという不穏な噂もあり、今回も「インスタグラムに誤爆しただけ」という疑惑を持たれている。

 志村のインスタグラムに大きな“異変”が起きたのは4月19日のことだ。突然、男性の局部が剥き出しになった写真がアップされたの だ。すぐに削除されたが、一度世に出た写真は完全に消去することはできず、ネット上を駆け巡る事態になっている。いったい志村に何があったのか? 写真を見て驚いた多くの人が首を傾げていると、所属事務所から次のような発表があった。

「本日4月19日12時30分頃、弊社所属アーティスト『志村けん』のInstagramアカウントが、管理権のない第三者によって不正にログインされ、弊社及び志村けん本人が関知しない画像を投稿されるという事態が発生しました。本件について、弊社では、同日12時40分頃に事務所スタッフが不正な投稿を発見、当該の投稿を削除した上で、志村けん本人にも事実関係の確認を行ない、不正アクセス行為の禁止等に関する法律に違反する不正アクセス行為の被害を受けたとして、同日14時頃、警視庁赤坂警察署に被害の報告をしております。今後の対応については関係各所と協議を行なった上で対処を致します」

 冒頭にも記したとおり、この発表についてはネット上の書き込みを見る限り、まったくと言っていいほど信用されていない。そもそも不正アクセスは懲役刑を科される可能性がある犯罪だ。そんなリスクを犯してまで、わざわざ志村のアカウントを乗っ取り、局部写真をアップしてすぐに消すという奇特な人間がいるのか? という疑問は消え去らない。

 またこれまでもSNSに不適切な投稿をした多くの芸能人が口を揃えたように不正アクセスを主張することから、もはや「乗っ取り」という言葉の信用性はゼロだ。

 志村の誤爆説を有力視するのは、ネット上だけではなく芸能界も同じだ。関係者は語る。

「昔から志村は自分の局部の写真を携帯電話で撮り、女性に送りつけているという噂はありました。志村と共演したある女性タレントから『突然志村さんの局部の写真がメールで送られてきた』という話を聞いたことも。そういう事情を考えると、今回も誰か女性に送ろうとして、間違えてインスタグラムに載せちゃった可能性も拭えませんが、わざわざインスタにアップするかは疑問が残るというのが率直な意見です。アップされた時間もお昼ですしね」(芸能プロ関係者)

 今年2月で67歳になった志村だが、まだまだお盛んのようだ。

※『志村流―金・ビジネス・人生の成功哲学』(マガジンハウス)

TOCANAの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon