古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

日馬富士暴行は「一般人なら逮捕」 八代弁護士が生放送で見解

デイリースポーツ のロゴ デイリースポーツ 2017/11/14 デイリースポーツ/神戸新聞社

 元裁判官で国際弁護士の八代英輝氏が14日、TBS系「ひるおび」で、貴ノ岩への暴行が報じられた横綱日馬富士について「一般人なら逮捕だと思う」とコメントした。貴ノ岩は13日に日本相撲協会に診断書を提出したが、その内容は「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間」というものだった。

 番組では、日馬富士の暴行報道について特集。その中でも貴ノ岩が負ったケガについても報じた。

八代英輝弁護士 © デイリースポーツ/神戸新聞社 八代英輝弁護士

 八代弁護士は診断書が11月9日に発行されていることを確認し、そこから全治2週間であることに「ケガしたのは先月、実際にはかなりのケガをしてると言うことだと思います」と心配。

 MCの恵俊彰が「なぜこんなケガになるのかというのが疑問」とコメントすると、八代弁護士は「なぐったんでしょうねえ」と語り、「普通、逮捕ですよね。これだけのケガをさせていたら。これだけやっていれば刑事事件、一般人なら逮捕だと思う」と、暴行が事実であれば、刑事事件にもなりうるという見解を示した。

 ジャーナリストの大谷昭宏氏も「紙面は暴行ですけど、罪名は傷害事件」とバッサリ。負傷が10月26日であることから「(全治が)1カ月超えたら傷害事件としてかなり悪質。一般人同士でやれば当然身柄拘束となるような話」と、事の重大さを指摘していた。

デイリースポーツの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon