古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

清水富美加、にじいろジーン降板 事務所側申し入れ

日刊スポーツ のロゴ 日刊スポーツ 2017/02/17 日刊スポーツ新聞社

 宗教団体「幸福の科学」への出家をめぐり騒動渦中の女優、清水富美加(22)が、レギュラー出演するフジ系「にじいろジーン」(土曜午前8時30分)を降板したことが17日、分かった。

 同番組を制作するカンテレ(大阪市北区=関西テレビ)はこの日、清水側から「事務所の申し出により、今週から清水富美加さんの『にじいろジーン』ご出演はなくなりました」と報告。同番組関係者の説明によると、事務所側からの降板申し入れを受けいれた形になったという。

清水富美加 © 日刊スポーツ新聞社 清水富美加

 18日放送分はレギュラー出演しているカンテレの川島壮雄アナウンサーが代役を務めるが、25日以降の代役は未定。

 清水は昨年4月から同番組レギュラーに入り、MCの山口智充らと、同局週末“朝の顔”の1人として務めてきた。

 同番組をめぐっては昨年初め、レギュラーMCだったベッキーが不倫騒動で休演しており、その後、清水がレギュラー参入し、番組を盛り上げてきた。

 カンテレはこの日、清水の降板について「(清水が)大阪に毎週来られることがうれしいとおっしゃっていただき、お人柄も含めて好評だったので、このような結果になり、残念です」とコメントした。

 清水は同番組に今月4日まで出演していたものの、同11日は体調不良を理由に休演していた。

日刊スポーツの記事をもっと読む

image beaconimage beaconimage beacon