古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

稲垣・草なぎ・香取の独立で「ジャニーズの印象操作再び」!? 御用紙が霊媒師報道でネガキャンか

サイゾー のロゴ サイゾー 4日前

 ジャニーズ事務所が18日、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾との契約を9月8日で終了すると発表した。

同事務所はファクスで、「以降の活動方針につきましては、詳細固まり次第3名それぞれより報告させていただく事になるかと存じます」などと報告。ジャニー喜多川社長は、「長年に渡って頑張ってきてくれた3人ですので、これからも沢山の人々に感動と幸せを届けてくれることを確信しています」とし、5人を「(S)すばらしい (M)MEMORIES (A)ありがとう (P)POWER」と表現した。

これで、“独立派”だったはずの中居正広の残留が濃厚となったわけだが、現在、ジャニーズ御用メディアがこぞって“美談”として報じている。

「ジャニタレを表紙に起用している『女性セブン』(小学館)をはじめ、御用メディアは中居が独立組3人のために“防波堤役”を買ったと伝えている。一方、スポーツニッポンは、『Kis-My-Ft2ら弟分を置いていけない』との思いなどから残留を決意したと報道。さらに、同紙は木村拓哉が3人の独立に『胸を痛めている』とも。しかし、ジャニーズ事務所は昨年の分裂騒動時、あからさまなイメージ操作を行っており、それが失敗。今回も鵜呑みにするファンは少ないようです」(芸能記者)

独立組の3人は、SMAPのマネジャーを長年務めていた飯島三智氏と合流すると見られている。そんな中、スポーツニッポンは19日、「香取、草なぎ、稲垣を待つ険しい道のり テレビ局の“忖度”起用しづらく…」「3人のTVレギュラー激減」「43歳稲垣は最年長独立 近年は個人的理由での独立続く」といった独立組のネガティブ記事とも思える記事を連発。

中には、「“中立派”稲垣『あっさり』退社決断 女性霊能者の影響か」という見出しまで踊り、ネット上では「出た! 下げ記事!」「あからさますぎてウケる」「ヘタクソか」といった声が相次いでいる。「記事は、飯島氏と親交のある女性霊能者を、稲垣が相談役として懇意にしているという内容。タレントの独立騒動時に霊能者の存在が報じられるのは、もはや芸能界の“お決まりパターン”。タレントイメージを暴落させるために、芸能プロが意図的に情報を流すこともあります」(同)

残留組の“美談”が報じられる一方で、不利な情報が流れ始めている独立組。過去にジャニーズから独立したタレントがそうだったように、稲垣、草なぎ、香取も潰されてしまうのだろうか?

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon