古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

TOKIO・松岡昌宏、「何様?」「偏見ばっか」と口撃され無言に! 「こう見えて俺、弱ぇから」……

サイゾー のロゴ サイゾー 2018/10/12 17:08
© Cyzo 提供

 10月11日放送の『櫻井・有吉THE夜会SP』(TBS系)に、10月12日スタートの新ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』(同)に出演するTOKIO・松岡昌宏が登場。「これだけは絶対曲げられない!! 昭和男の“鬼のこだわり”ベスト3」を発表し、今時女子代表のモデル・みちょぱ、ギャルモデル・ゆきぽよ、現役高校5年生の加藤ゆりなたちから「何様」扱いされる様子が放送された。

 まず第3位は、仕事の衣装以外で「紐靴は絶対に履かない!」というもの。結ぶ作業が面倒なのと、食事に行った際に紐靴だと履くのに手間取るのが嫌なのだとか。そのため、後輩が靴を履くのに時間がかかっている時でも「全然待たない」「なんで俺がそんな奴のために待たないといけないの?」と先にお店を出るという。

 これに今時女子の加藤は「なんか『何様!?』みたいな感じ」と強烈なコメント。それを松岡が「貴重な意見なんで一回しまいます」と大人な対応でかわしたのだが、「中学生みたい」「ガキ大将って感じ」とさらにダメ押し的なコメントをされ無言に。そんな姿の松岡を見て、「俺がそわそわするからその話は(やめて)」と櫻井翔の方がタジタジになっていたのだった。

 そして、第2位は「散髪は絶対床屋」というものだったのだが、ベスト3ではおさまりきれなかったということで第4~第9位も発表。「枕は絶対そばがら」「ショルダーバッグは絶対NG」「1日1本時代劇を観る」「つまみは絶対刺身から」などのこだわりが並ぶ中、自分が作る方が絶対おいしいからという理由で「カレーは店では絶対食べない」とも語っていた。

 さらに「料理の写真は絶対撮らない」というこだわりについては「嫌いです」とキッパリ。そして「(食べる前に)まず写真を撮るのはマナー的にどうかと思います」「インスタ映えを狙っているお店ならいい」と持論を語り、「インスタはどれだけ彩るか勝負。それには食べ物がやっぱり必須」と言う、いまどき女子には「お店によるかな。例えば人様に連れていってもらった時はやめてほしい」と諭していたのだった。

 しかし、松岡のこの発言に現役高校5年生の加藤は、再び「え~、何様すぎてヤバい」とコメント。これに櫻井は「何回言うんだよ! やめろよそのワード!」とフォローしたのだが、さすがの松岡も「あのね、せめて前から言ってよ。背中から刺さるのは痛い。こう見えて俺、弱ぇから。爪楊枝1本でやっつけられるよ」とメンタルがやられているようであった。

 すると視聴者から「松岡くんに『何様』言ってるお前が何様?」「あんたこそ、誰だよ」「失礼すぎない?」などの批判が続出。「人に連れていってもらった時は料理を撮るな、は正論」との意見も多かっただけに、返り討ちにあってしまったようであった。

 そして第1位は「絶対ガラケー」というもの。使い方がわからないためスマホにしないという松岡だったが、そもそもそんなに機能も必要ないのだとか。これを聞いた櫻井は「松岡くんの携帯って写真撮れるんですか?」と質問したところ、松岡は「撮れるよ。なんで? どういうこと?」と若干ご立腹。そんな様子の松岡を見て、櫻井は地雷を踏んでしまったと気がついたのかバツの悪いそうな顔をして、深々とおじぎをしていたのであった。

 そんなガラケーの中の写真は85%が愛犬だという。ただ、最終的には加藤に「たぶん勇気が出てないんだと思う。偏見ばっか押しつけて(スマホを)買う勇気がないから、あーだこーだ言ってる。手を伸ばしてみたら心も変わると思う」と言われ、胸に響いた松岡は「マネージャー、スマホ買ってこい!」と男らしく叫んでスタジオの笑いを誘っていたのだった。

 ザ・昭和というほどの強いこだわりを持っている松岡。しかし、これを機に案外早くガラケーからスマホに替える日もくるかもしれない。(華山いの)

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon