古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

『スター・ウォーズ エピソード9』のタイトルが発表!

BANG Showbiz のロゴBANG Showbiz 2019/04/16 07:00 Bang Showbiz
スター・ウォーズ:ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー © Bang Showbiz スター・ウォーズ:ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー

「スター・ウォーズ」シリーズ、『エピソード9』のタイトルが明らかになった。12日(金)にシカゴで開催された公式ファンイベント「スター・ウォーズ・セレブレーション」で公開された予告編第1弾の中で、『スター・ウォーズ:ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』という題名が発表されたかたちだ。

本編最終章となる同作には、デイジー・リドリー、アダム・ドライバー、ジョン・ボイエガ、ケリー・マリー・トランら主要キャスト陣をはじめ、監督のJ・J・エイブラムスや製作のキャスリーン・ケネディなどが携わる。

今回公開された予告映像の中では、デイジー演じるレイがライトセーバー片手に砂漠に立ち尽くし、マーク・ハミル演じるルーク・スカイウォーカーの声で、「はるかな歴史が君の中に」と伝えられている姿が描かれている。また、2016年に帰らぬ人となったキャリー・フィッシャー演じるレイア姫がレイと抱き合う姿も見られ、過去2作の未公開映像を利用して再登場するようだ。

一方でディズニーのロバート・アイガーによると、今後の「スター・ウォーズ」シリーズの製作は、今回の本編最終作で一旦落ち着くことになるという。

アイガーはブルームバーグにこう語っている。「我々は一旦、休息を取ります。スカイウォーカーの物語は第9作で終わりを迎えるからです。他にも『スター・ウォーズ』シリーズの製作が控えていますが、小休止となる予定です」

この背景には昨年公開の『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の興行成績が振るわなかったことがあるとみられており、製作のディズニーは同シリーズのスピンオフ作品を検討してはいるものの、先行きは不明となっている。

image beaconimage beaconimage beacon