古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

マーク・ロンソンのニューアルバム、カミラ・カベロやアリシア・キーズらが参加

BANG Showbiz のロゴBANG Showbiz 2019/04/16 07:00 Bang Showbiz
マーク・ロンソン © Bang Showbiz マーク・ロンソン

マーク・ロンソンのニューアルバムにカミラ・カベロ、アリシア・キーズ、リッキー・リーらが参加しているようだ。マークは6月21日リリース予定の『レイト・ナイト・フィーリングス』からの先行シングルとなるリッキー参加のタイトル曲を発表した。

2015年の『アップタウン・スペシャル』以来となるこの新作には、すでにリリースされているマイリー・サイラスとのコラボ曲『ナッシング・ブレイクス・ライク・ア・ハート』のほか、カミラとの『ファインド・ユー・アゲイン』、アリシアとの『トゥルース』、そしてコロムビア・レコード傘下のマークのレーベル、Zelig Recordsの所属アーティストであるキング・プリンセスとの『ピース・オブ・アス』、サム・スミスの『ノー・ピース』でのコラボで知られるイエバとの『ドント・リーブ・ミー・ロンリー』などが収録される予定だ。

マークはこの曲の数々が2017年に離婚したジョセフィーヌ・デ・ラ・ボームとの破局にインスパイアされたものだと説明しており、自身の最高傑作自信を見せてい豪ノヴァFMへの出演時、こう話している。「このアルバムは、安っぽいからこんな言葉は使いたくないんだけど、自分の遍歴といったものなんだ。僕は自分で歌わないから、新しいアルバムを作る時、いつもその作品の感情面でのテーマを決める必要がある。僕は破局や離婚を味わったから、それがある程度ベースになったわけさ」「自分にとって最高の作品だよ。自分の個人的な面や感情を本格的に反映した初めてのアルバムだし、僕は自分が聴く中ではそういう音楽が大好きなんだ」

悲しい気持ちから生まれた曲ばかりというその新作だが、曲調はすでに発表されている2曲同様にダンス風な仕上がりになっているそうだ。

image beaconimage beaconimage beacon