古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

『アナ雪2』“姉妹の絆”描く日本版本予告映像解禁

ORICON NEWS のロゴ ORICON NEWS 2019/10/10 06:00 ORICON NEWS
『アナと雪の女王2』の場面カット © 2019 Disney. All Rights Reserved. 『アナと雪の女王2』の場面カット

 興行収入約255億円の大ヒットを記録したディズニー・アニメーション映画『アナと雪の女王』(2014年)の続編、『アナと雪の女王2』(11月22日公開)の日本版本予告映像が解禁になった。

 ありのままの自分を受け入れ、氷と雪を操る力を持つ姉エルサ、そして持ち前の明るいキャラクターの妹アナ。前作ではお互いを想い合い、最後には心を通わせ強い絆で結ばれ多くの人が涙した2人のヒロイン。今作では、なぜエルサに力が与えられたのか。大事な仲間となったクリストフとオラフと共に歩む先で、エルサの“魔法の力”の秘密を解き明かす冒険が描かれる。

 前作に続き吹替を担当する松たか子(エルサ)と神田沙也加(アナ)の声がたっぷりと盛り込まれた本予告。「お母さま、なぜ私だけ魔法が使えるの?」と問いかけるエルサのシーンで始まる映像は、エルサが感じている「自分は何者なのか」という疑問や、「何があっても一緒よ」「エルサ、信じてる。誰よりも何よりも」とアナがエルサに伝えるなど“姉妹の絆”も描かれている。

 そして、先月解禁になった今作のメイン楽曲「イントゥ・ジ・アンノウン」が、予告編をさらに盛り上げている。メガホンをとったクリス・バック監督は「この曲は、あらゆる世代の人に共感してもらえると思う。今あなたがいるところ以上のものがあるのか。そうやって誰もがいつも何かに惹かれていると思う。まだ見ぬ未知の世界には、何かがあるかもしれない。どこへ行こうとしているかわからないけれど、本当の自分を見つけるために、やらなくてはならないことがあるということをこの歌で表現しているんだ」と語っている。

ORICON NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon