古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

アナと雪の女王2:日本版予告編が解禁 エルサの歌唱シーン、オラフが「何もかも変わってしまうの?」とつぶやく姿も

MANTANWEB のロゴ MANTANWEB 2019/10/10 06:00 MANTAN Inc.
劇場版アニメ「アナと雪の女王2」の場面写真(C)2019 Disney.All Rights Reserved. © MANTANWEB 劇場版アニメ「アナと雪の女王2」の場面写真(C)2019 Disney.All Rights Reserved.

 2014年に公開され大ヒットを記録したディズニーの劇場版アニメ「アナと雪の女王」(アナ雪)の最新作「アナと雪の女王2」(11月22日公開)の日本版本予告編が10月10日、公開された。予告編ではエルサが歌声を披露する様子などが映し出される。前作同様、エルサ役を松たか子さん、アナ役を神田沙也加さんが務めている。

【動画】アナ、エルサ、オラフ、クリストフも! おなじみの面々が登場の続編予告編

 予告編は、幼いエルサの「なぜ私だけ魔法が使えるの?」という問いかけから始まり、エルサが感じている“自分は何者なのか”という疑問、“変わっていくこと”への不安、そして姉エルサを何があっても守ろうとするアナの様子が描かれてる。エルサがメイン楽曲「イントゥ・ジ・アンノウン」を歌い上げる姿や、アナが「何があっても一緒よ」とエルサに語り掛ける姿、オラフが「ねぇアナ、何もかも変わってしまうの?」とつぶやく様子などが映し出される。

 最新作では、アレンデール王国を治めるエルサとアナの姉妹は深い絆で結ばれ、幸せな日々を過ごしていたが、エルサにしか聞こえない不思議な“歌声”によって、姉妹は未知なる世界へと導かれる。それはエルサの“魔法の力”の秘密を解き明かす、驚くべき旅の始まりだった……というストーリー。イディナ・メンゼルさんがエルサ、クリステン・ベルさんがアナの声優を続投。前作に続き、クリス・バックさんとジェニファー・リーさんが監督を務める。

 「アナ雪」は、運命に引き裂かれた王家の美しい姉妹・アナとエルサを主人公に、凍った世界を救う“真実の愛”を描いたファンタジー。日本では2014年3月に公開され、国内での興行収入は約255億円を記録した。主題歌「レット・イット・ゴー~ありのままで~」も大ヒットし、日本中に“アナ雪ブーム”を巻き起こした。

動画を再生

MANTANWEBの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon