古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

『フルーツバスケット』放送直前ステージ開催、島崎信長と内田雄馬はわんこ、石見舞菜香は草原?

マイナビニュース のロゴ マイナビニュース 2019/04/16 07:00 梶本竜太

国内最大級のアニメの祭典「AnimeJapan 2019」が3月23・24日にわたって東京ビッグサイトにて開催された。24日、エイベックス・ピクチャーズブースにてTVアニメ『フルーツバスケット』の「放送直前SPステージ」が開催された。出演者は本田透役の石見舞菜香、草摩由希役の島崎信長、草摩夾役の内田雄馬。

© マイナビニュース

まず『フルーツバスケット』という作品についての話に。石見は「原作が世界中のみなさまに愛されている作品で、以前のアニメもたくさんの方に愛されている。なので、本田透ちゃんという素敵な女の子を私が演じて受け入れられるかなって不安はありました。でも、先日みなさんの前にイベントで出演したときに暖かく受け入れてくださって、作品もだけど、ファンの方も温かいんだなって」と丁寧に語る。

そんな石見に対して「先輩たちからのアドバイスは?」という問いには、「緊張はもちろんしてると思うけど、石見ちゃんは芯があるというか、想いがしっかりある。なので、僕たちは楽屋とかで馬鹿な話をしてリラックしてステージに立とうぜって」と内田。

© マイナビニュース
© マイナビニュース

作品の見どころについての話では、石見は「まず映像が綺麗です。そして音楽が優しくて、暖かな世界観をそのまま表現されています。すごく作り込まれていて、細かいところにこだわりがあります」と原作が好きな方にも気に入ってもらえると太鼓判。対する内田も「空気や色彩がね、生活しているようだなって表現されている」と呼応。島崎も「素直に世界観や透ちゃんを感じてもらいたいですね。どんどんのめり込むと思います」と続く。

役柄が決まったときの気持ちについてでは、石見は「びっくりしました」と回答。あんまり自信のあるオーディションではなかったとのこと。島崎も、自身は由希のような中性的なキャラクターは得意ではなかったらしく、他のキャラクターも受けたという。内田は「普段事務所からは『○○の作品決まりましたよ』って言われるんですけど、今回は『内田さん、夾くんでした!』って、半ギレみたいな(笑)。それだけ『フルバ』愛があって、これはいつも以上に気を引き締めないといけないと思いました」と並々ならぬ覚悟を持って役に向き合ったことを語る。

© マイナビニュース
© マイナビニュース

そして、「それぞれを動物に例えると」という、干支が大きな要素をしめる『フルーツバスケット』ならではの話題に。石見から見たふたりは、どちらもわんことのこと。特に内田は人懐っこいゴールデンレトリーバーだという。そして石見について島崎と内田が「おっとりしてるけど、芯が強くて器が広い」「くじらとかペンギン?」「動物たちを包んでくれる」と評していると、石見は「(私は)草原ですね」とコメントし、天然ぷりを見せつけていた。

トークコーナーのあとは、「フルーツバスケット絵心選手権」のコーナーへとうつるのだが、これがいろいろと物議を醸すことに。「由希と夾の干支である猫と子(ねずみ)とを描いてみよう」では、石見と島崎が可愛らしい猫を描くなか、内田はなんだかよくわからない生き物を描き、画伯であることが判明してしまう。続く「草摩紫呉の干支である戌」では、石見が島崎と内田を描いて、会場からは拍手が沸き起こる。最後の「喧嘩をする由希と夾」では、動きのあるお題にみんな苦戦するものの、最終的には石見が優勝を勝ち取った。

© マイナビニュース
© マイナビニュース

最後に石見から「『フルーツバスケット』は私が生まれたと同時にスタートした作品です。いま読んでも面白くて、もう一回アニメ化したいと大勢が思った作品。今回をきっかけに出会える人も多いと思います。もっといろいろな人に広まったら嬉しいです」と呼びかけ、本イベントは終了した。

© マイナビニュース

マイナビニュースの関連リンク

マイナビニュース
マイナビニュース
image beaconimage beaconimage beacon