古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

『SERVAMP-サーヴァンプ-』劇場アニメ化 2018年春公開

ORICON NEWS のロゴ ORICON NEWS 3日前
『劇場版「SERVAMP-サーヴァンプ-」-Alice in the Garden-』2018年春、公開決定 © (C)田中ストライク・KADOKAWA/SERVAMP MOVIE PROJECT 『劇場版「SERVAMP-サーヴァンプ-」-Alice in the Garden-』2018年春、公開決定

 田中ストライク氏の漫画『SERVAMP-サーヴァンプ-』(KADOKAWA『月刊コミック ジーン』連載)が、2016年7月期のテレビアニメ化に続き、劇場アニメ化が発表された。『劇場版「SERVAMP-サーヴァンプ-」-Alice in the Garden-』は2018年春、公開。

 契約した人間から血をもらい命令をきく、“SERVANT(下僕)”と“VAMPIRE(吸血鬼)”の物語を描く本作。大元となる真祖は“怠惰”・“傲慢”・“嫉妬”・“憤怒”・“強欲”・“暴食”・“色欲”の7人が存在し、城田真昼は“怠惰”の真祖にして、超引きこもりニート系吸血鬼・クロと契約する。そんな2人の前に現れたのは、存在しないはずの8人目“憂鬱”を名乗るサーヴァンプ・椿。その日から真昼は、吸血鬼同士の争いに巻き込まれることとなった。

 劇場版では、椿が姿を消し、平穏な日々を取り戻したのも束の間。突然、街に季節外れの雪が降り出す。もしかしたら、この異常気象も吸血鬼に関係のあることかもしれないと思った真昼は、イヴたちを集めるべく“色欲”の主人・有栖院御園にも声をかける。しかし、御園からは今、自分は動くことができないから、後で合流するという、珍しく歯切れの悪いものだった。そして、それっきり連絡がとれなくなってしまった御園を心配した真昼たちの前に現れたのは、兄の御国。有栖院家がひた隠しにする“色欲”と“嫉妬”にまつわる過去。封印されていた御園の記憶がひも解かれる。

 寺島拓篤、梶裕貴、下野紘、堀江一眞、柿原徹也、津田健次郎らキャスト陣が再集結。監督もテレビ版からの続投で、『最遊記RELOAD BLAST』や『青春×機関銃』でも監督を務めてきた中野英明氏。脚本は『弱虫ペダル NEW GENERATION』を手掛けた久尾歩氏。アニメーション制作もテレビ版と同じプラチナビジョンが務める。

 キービジュアルは、吹雪が吹く中に怠惰、色欲、嫉妬のサーヴァンプであるクロ、スノウリリイ、ジェジェと、その主人である城田真昼、有栖院御園、有栖院御国の姿が。劇場版で描かれる有栖院家にまつわる物語を予感させるビジュアルとなっている。

■スタッフ

原作:田中ストライク「月刊コミックジーン」連載(KADOKAWA刊)

監督:中野英明

脚本:久尾歩

キャラクターデザイン:山中純子

アニメーション制作:プラチナビジョン

■キャスト

城田真昼…寺島拓篤

クロ…梶裕貴

有栖院御園…下野紘

スノウリリイ…堀江一眞

有栖院御国…柿原徹也

ジェジェ…津田健次郎

■公式ホームページ

http://servamp-movie.jp/

ORICON NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon