古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

しまってある恋愛感情を一瞬にして引き出す『南瓜とマヨネーズ』【連載コラムVol.36】

T-SITE NEWS エンタメ のロゴ T-SITE NEWS エンタメ 2017/11/15 T-SITEニュース 編集部

映画ライター・新谷里映が心動かされた、本当に観て欲しい映画たちを連載コラムでお届け。

第36回目は魚喃キリコの漫画原作を臼田あさ美、太賀、オダギリジョーらを迎えて実写化した『南瓜とマヨネーズ』。自分の恋愛経験が一瞬にして引き出されるよう内容、女性なら共感しやすい主人公像など、観終わった時「すべてが愛おしく感じた」という一本。

(C)魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会 © TSUTAYA Co., Ltd. 提供 (C)魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会

(C)魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会

ああ、こういう感情を味わったことがあったな……。『南瓜とマヨネーズ』は、恋愛における苦い感情、切ない感情、そして愛しい感情、“過去の恋愛”の引き出しに仕舞っていたはずの感情を思い出させてくれる映画だった。しかも一瞬にして、自分自身にとって一番苦しかったであろう恋愛の感情を引き出す力を持っている。もちろん、それは魚喃キリコの原作漫画にある力でもあって──。

次から次へと漫画原作の映画が作られているなか、この『南瓜とマヨネーズ』もそのひとつであることは間違いないのだけれど、見た目的に俳優がキャラクターに寄り添っているだけでなく、漫画の世界とこの現実の世界が地続きになっているような、そんなリアリティがあるのは、この映画の特徴だ。原作の世界が、匂いが、しっかりと薫っている。

(C)魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会 © TSUTAYA Co., Ltd. 提供 (C)魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会

(C)魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会

物語は原作漫画にほぼ忠実で、ミュージシャンを目指しているせいちゃん(太賀)の夢を叶えるために生活を支えるツチダ(臼田あさ美)、2人の同棲生活をベースに、せいちゃんと元彼のハギオ(オダギリジョー)の間で揺れ動く20代の女性の日常を描いていく。

ツチダを演じる臼田あさ美がハマり役だ。というのも、原作のツチダにそっくりな女優を探していた冨永監督が「彼女以外にツチダはありえない」とオファー。彼女も原作に惚れ込み快諾するものの諸事情によって撮影は延期、企画自体も危うくなったそうだが、「どうしてもこの原作を映画化することを諦めきれなかった」と臼田あさ美の熱い想いもあり、5年越しに実現した。

(C)魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会 © TSUTAYA Co., Ltd. 提供 (C)魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会

(C)魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会

女性がこの作品にハマってしまうのは、好きな人のために一生懸命な自分を認めてほしい、そういう気持ちに共感するのもひとつだろう。映画のなかで描かれるやりとり──ツチダは、せいちゃんの夢のために頑張っている自分を認めてほしいけれど、せいちゃんの夢はせいちゃんのものであってツチダの夢じゃない。せいちゃんの夢が、せいちゃん自身が、ツチダの生き甲斐になってしまっていて、そして言われる「俺に便乗するな」的なセリフが何とも痛々しい。

今は女性がバリバリ働く時代ではあるけれど、「いつか白馬に乗った王子様が迎えに来てくれるはず」「○○くんのお嫁さんになりたい」といった願望は心の奥底どこかにあって、だからツチダがせいちゃんの夢に便乗してしまう気持ちはよく分かる。きっと最初は、せいちゃんの作る曲を聴きたい、歌う姿を見たい、些細な願いだったのだろうけれど、いつの間にか純粋な応援の気持ちが「あなたのために」という押しつけがましさに変わっていってしまった。そういう痛さを描いているから女性は魚喃キリコの作品にハマる。

(C)魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会 © TSUTAYA Co., Ltd. 提供 (C)魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会

(C)魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会

原作漫画を読んだのは20代前半の頃だ。面白いのは、当時この作品から感じとっていたものと、今この作品から感じとっているもの──その本質はおそらく変わっていないのだろうけれど、ほんの少し大人になった分、女性の視点のリアリティ、男性の視点のリアリティ、どちらも感じられるようになったことだ。

当時は、せいちゃんとハギオの間に揺れ動くツチダの気持ちに自分の恋愛を重ね合わせ、恋に悩む自分自身に酔っていたのだと思う。年齢を重ねた今は、せいちゃんが何故ああいう選択をしたのかもよく分かる。そして、揺れ動く気持ちに共感していたはずのツチダに対しては、共感というか、そうやって女は強くなっていくんだよね、頑張れ! ツチダ! とエールに変わり、この先ツチダに幸せになっていってほしいと願っている。

映画を観終わった後、しばらくの間、狂おしいほど恋愛にどっぷりだった頃の自分を思い出していた。苦しいことも、切ないことも、痛々しいことも、ぜんぶひっくるめて愛おしく感じた時間だった。

(文・新谷里映)

>その他紹介タイトルはこちら

新谷里映 © TSUTAYA Co., Ltd. 提供 新谷里映

フリーライター、映画ライター、コラムニスト

新谷里映

情報誌、ファッション誌、音楽誌の編集部に所属、様々なジャンルの企画&編集に携わり、2005年3月、映画ライターとして独立。 独立後は、映画や音楽などのエンターテイメントを中心に雑誌やウェブにコラムやインタビューを寄稿中。

【tumblr】新谷里映/Rie Shintani 

映画『南瓜とマヨネーズ』

公開中

出演:臼田あさ美 太賀 浅香航大 若葉竜也 大友律 清水くるみ 岡田サリオ 光石研/オダギリジョー

監督・脚本:冨永昌敬

原作:魚喃キリコ『南瓜とマヨネーズ』(祥伝社フィールコミックス)

プロデューサー:甲斐真樹

アソシエイトプロデューサー:佐藤公美

協力プロデューサー:津田智

撮影:月永雄太

録音:山本タカアキ

美術:仲前智治

音楽監修・劇中歌制作:やくしまるえつこ

写真:川島小鳥

スタイリスト:加藤將

ヘアメイク:小濱雄作

助監督:原田健太郎

制作担当:中村哲也

編集・仕上担当:田巻源太

製作:『南瓜とマヨネーズ』製作委員会

(C)魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会 © T-SITEニュース (C)魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会

T-SITE NEWS エンタメの関連記事

T-SITE NEWS エンタメ
T-SITE NEWS エンタメ
image beaconimage beaconimage beacon