古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

キャバ嬢オーディションに比べ演技力が重要に?「龍が如く最新作」助演女優オーディション 2次審査の模様をお届け

Gamer のロゴ Gamer 2019/05/18 19:38 株式会社イクセル

セガゲームスは、「龍が如く」シリーズ最新作の出演者を決定するオーディション、「PlayStation4『龍が如く最新作』助演女優オーディション」の2次審査・面接を、本日5月18日より開始した。

© 株式会社イクセル

本出演者オーディションでは満20歳以上の女性を対象に、「龍が如く」シリーズ最新作の世界に登場する、主人公の仲間キャラクターとして出演したい人を広く募集。

合格した暁には、ゲーム内への出演はもちろん、「龍が如く最新作」に関連するさまざまなプロモーション活動への参加や、副賞として賞金100万円が贈呈される。

これまでも「龍が如く」シリーズでは、最新作プロジェクト始動の際にオーディション企画を実施しているが、今回は初めて、メイン級キャラクターの出演者を募集するオーディションとなる。

本日より行われるオーディションは、1,000人を超える応募者の中から書類選考を通過した約60名の応募者への2次審査となっており、オーディションを通じて最大10名が3次審査へとコマを進める。今回、この2次審査を受けた7名への審査の模様を取材することができたので、その模様と、終了後に行われた開発陣への囲み取材をお届けしていこう。

■キャバ嬢オーディションとは打って変わり落ち着いた様子で進行

当日の審査員を勤めたのは、「龍が如く」シリーズプロデューサーの佐藤大輔氏、「龍が如く」シリーズチーフプロデューサーの横山昌義氏、「龍が如く最新作(仮称)」プロデューサーの阪本寛之氏の3名。「龍が如く」シリーズ総合監督の名越稔洋氏は直接審査には参加せず、会場の後ろから面接の様子を見守っていた。

左から佐藤大輔氏、横山昌義氏、阪本寛之氏。 © 株式会社イクセル 左から佐藤大輔氏、横山昌義氏、阪本寛之氏。

今回は、計7名、2グループを取材させてもらった。1グループ目は、ワイエムエヌ所属タレントの里々佳さん、一般大学に通う三上喬子さん、エイベックス・マネジメント所属タレントの井元まほさんの3名で行われた。

里々佳さん © 株式会社イクセル 里々佳さん 三上喬子さん © 株式会社イクセル 三上喬子さん 井元まほさん © 株式会社イクセル 井元まほさん

元々アイドルとして活動していた里々佳さん、やってみたい職業を聞かれると表情が読めない殺し屋のような役を演じたいとのことだった。憧れの女優を聞かれると夏目雅子さんや真木よう子さんを挙げ、雰囲気が似ていると審査員からお墨付きをもらう。ちなみに男性だとリリー・フランキーさんだそうで、こちらは佐藤大輔氏に似ていると笑いがおこっていた。

© 株式会社イクセル

三上喬子さんは、「龍が如く」は未プレイだがキャプチャー技術に感動し、死ぬまでに絶対に「龍が如く」に出演すると公言していたそう。そこでオーディションの存在を知り、応募することになったという。やってみたい職業としては、チーママをやってみたいと意気込みをみせていたが、「ガールズバーのキャッチをやっていそうな見た目ですけど」とコメントし、笑いを誘っていた。

© 株式会社イクセル

井元まほさんは、約10年の芸歴がありドラマや舞台、映画など一通り経験。普段はドSな役を演じることが多いそう。将来的にも一生女優業を続けていきたいと希望を語り、理想の死に方は公演を千秋楽まで終えた後に、椅子に座った瞬間に息絶えたいとのことだった。

© 株式会社イクセル

2グループ目は、役者の長谷川愛美さん、一般会社員の椎名結加さん、スカイアイ・プロデュース所属タレントの清成咲月さん、NY企画所属タレントの東野瑞希さんの4名。

長谷川愛美さん © 株式会社イクセル 長谷川愛美さん 椎名結加さん © 株式会社イクセル 椎名結加さん 清成咲月さん © 株式会社イクセル 清成咲月さん 東野瑞希さん © 株式会社イクセル 東野瑞希さん

長谷川愛美さんは、「龍が如く」の実写映像化作品「龍が如く ~序章~」にて澤村由美の幼少期役として出演していたそう。今回のオーディションの存在を知り、縁を感じて応募をしたそうだ。

© 株式会社イクセル

シンガーソングライターとしても活動していた清成咲月さん。過去には路上ライブやライブハウスでソロでの活動やバンド活動もしていたそう。ホイッスルボイスが出るのが自慢とのことだった。

© 株式会社イクセル

東野瑞希さんは、「龍が如く」シリーズはプレイしたことが無いがソーシャルゲームはよくプレイするそうだ。お風呂に入りながら遊ぶことや、一日30時間(?)遊ぶこともあると述べ、審査員を驚かせていた。

© 株式会社イクセル

現在は一般企業で働いているが以前はモデルとして活動をしていたという椎名結加さん。一度は芸能界を諦めていたが、「龍が如く」が好きでこれを期に再挑戦を決意した。シリーズで一番好きなのは「龍が如く6 命の詩。」だそうで、尾道でロケ地巡りをしたほどだという。

© 株式会社イクセル

今回は、メイン級キャラクターの出演者を募集するオーディションということもあり、今までのオーディションと比べても、演技力やお芝居経験などが重視されていると感じた。グランプリ1名という非常に狭き門だが、どの応募者が「龍が如く最新作」に出演するのか。今後の展開を楽しみにしたい。

――2次審査まで終えられての感想を教えて下さい。

名越氏:今回は比較的うちのチームの中では若手のメンバーで審査を進め、私はどちらかというと見物に近い形で楽しませてもらっています。

佐藤氏:キャバ嬢オーディションと違って助演女優オーディションということで、演技経験が豊富な方に応募してもらいました。次の3次審査で演技や歌などを審査させてもらう予定なので、今から楽しみです。

横山氏:数が多かったというのはもちろんなのですが、皆さん様々な経歴を持たれており、今までのオーディションの中で一番大変な書類選考になりました。これから先もオーディションが続くので、いっぱい悩むんだろうなぁと思っています。

阪本氏:今回は助演女優という大きなくくりで、新しい主人公との関係性などもあることから、本当に作品の顔になるキャラクターをオーディションで決めることになります。そういう意味ではかなり慎重に審査させてもらっています。実際に合格された方が、本作を代表出演作品として扱って貰えればいいなと思っています。

――今回、初めての助演女優オーディションとなりますが、今までと比べて意識している違いなどあれば教えて下さい。

名越氏:そもそも助演女優にしようと決めたのも、毎回同じだと思われたくないという気持ちがあって、名物企画の切り口を変えることで新しい楽しさが発見できると考えました。この企画がゲームの面白さに繋げるのは我々の仕事だと思うので、出た本人の方が「出て良かった」と思えるような作品にしなければいけないと思っています。意識しているポイントとしては「お芝居」です。ルックスから一つ先に進んだ部分を重点的に見ていきたいです。

――選考はどういった点を基準にしているのでしょうか?

横山氏:登場して頂く際は、これまでのシリーズと同様なのですが、CGにして映える顔というものが実際問題としてあります。それ自体が選考の基準になっているわけではありませんが、春日一番と並んだ時に映える方、共演者との個性も考えた上で選んでいます。声や演技も含めてですね。皆さんがどういうところでこの作品に思い入れをもってアプローチしてくれているのかな、というのは見ていますね。

――言えないことも多いと思いますが、今回のキャラクター像は形になっているのでしょうか?

阪本氏:出演者とキャラクター、どちらにとっても良い形にしようとは思っています。

――今回のオーディションの中で歌の話が出ていましたが、そういったシーンを予定されているんでしょうか?

横山氏:シーンというわけでは無いのですが、これまでのシリーズでも例えば主人公と一緒にプレイスポットで遊ぶといううことがありました。今回、カラオケがあるのか無いのかというのは、まだ正直考えている段階なので歌が必須というわけではありません。なので皆さんにリサーチしているという感じですね。でもほとんど皆さん好意的だったので良かったです。

――助演女優という募集によって応募者の傾向などは変わりましたか?

横山氏:正直ガラリと変わっています。本格的に演技をされている方が圧倒的に増えました。夜のお仕事が本職です! みたいな方の割合が今まで多かったのが、女優や演技をされている方の割合に変わったという印象です。

佐藤氏:ひょっとしたら応募のハードルは上がっているかもしれません。

横山氏:なので応募数が減るかなと思っていたのですが、前回とほぼ同じかそれ以上の応募が来たのでホッとしました。選考はそれだけ大変でしたけど(笑)。でもそれだけ皆さんが真剣に挑んでくれているんだなと改めて感じました。

――本日は、ありがとうございました。

(C)SEGA

Gamerの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon