古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

加藤茶「『財産狙い』って、嫁さんがたたかれるのが嫌だった」45歳年下妻との生活を告白

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2019/08/14 14:18 ザテレビジョン

「人生が変わる1分間の深イイ話」でSPコメンテーターを務める今田耕司も感心 © ※2018年撮影 「人生が変わる1分間の深イイ話」でSPコメンテーターを務める今田耕司も感心

加藤茶、綾菜夫妻が8月12日の「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系)に出演、2人が結婚後に受けたバッシングに対し、反論してこなかった理由を告白した。

2011年当時、加藤は68歳、綾菜は23歳と45歳の年の差婚で話題となった2人。

新婚当初は「クレームは1日200件、とんかつを作ったら『とんかつの揚げ物で殺そうとしている』、加トちゃんがちょっと体調崩したら『毒が効いてきた』とかそういうことばっかり5年くらい言われて…」と、綾菜に対する一般人による誹謗中傷はネットだけに留まらず、郵便受けを荒らされたり、「乗っていた自転車をバットでボコボコにされたり」と過激化していったとか。

「財産狙い、生命保険狙い、食事に毒を盛っていると、嫁さんがたたかれるのが嫌だった。それが一番つらかった」と話す加藤。

しかし、綾菜は今まで一切反論もしてこなかった理由というのが、綾菜が中学時代に受けたイジメのせいだという。

頭からラーメンをかけられたり、トイレでホースの水をかけられたりと壮絶なイジメを受けたことから「中学校のイジメがひど過ぎて、相当精神を鍛え上げられている」と綾菜は明かす。

「(何か)言われても、絶対に人のことを中傷しない人間になると決めたので、反論しなかったんです。この7年間くらい」と、加藤との結婚をたたかれても、一切反論してこなかった理由は過去に受けたイジメの経験からだと明かした。

ちなみに、これまで話していない事実として「綾菜と結婚した時に貯金は一切ゼロ。前の家族に全部渡したから。彼女の実家の方が金持ってんだよ。逆玉だよ」と加藤。

実際に綾菜の広島の実家を訪ねると、そこは3階建て6LDKの大豪邸だった。綾菜に対する「財産狙い」という誹謗中傷が、デマだということを裏付けていた。

SPコメンテーターの今田耕司らを驚かせただけでなく、ネット上でも「加トちゃん夫婦、あらためていい夫婦だよな。これからもお幸せに」「本人たちがいいなら、他人が口出しする必要はないよね」などと、2人を応援する声が多数上がっていた。

次回の「人生が変わる1分間の深イイ話」は8月19日(日)夜9時より放送予定(ザテレビジョン)

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon