古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

斉藤朱夏、自分自身と向き合い、完成させたデビュー作『くつひも』

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2019/08/14 14:01 ザテレビジョン

ソロデビュー作となるミニアルバム『くつひも』をリリースした斉藤朱夏 © Photo by Ryo Hanabusa ソロデビュー作となるミニアルバム『くつひも』をリリースした斉藤朱夏

『ラブライブ!サンシャイン!!』から派生したユニット・Aqoursのメンバーとしても活躍する斉藤朱夏。そんな彼女のソロデビュー作となるミニアルバム『くつひも』が、本日・8月14日にリリースとなった。

待望となるソロでの音楽活動、そして『くつひも』の制作過程で感じたさまざまな想いなど、斉藤朱夏の“現在地”を、発売中のガールズビジュアルブック「My Girl vol.28」にて、約30ページのボリュームで深く迫っている。

【写真を見る】スニーカー姿が似合う斉藤朱夏 © Photo by Ryo Hanabusa 【写真を見る】スニーカー姿が似合う斉藤朱夏

斉藤は『くつひも』の制作過程の中で、「私はこんなにも自分という人間を知らないんだなって。私という人間は何なんだろう?って、自分と向き合えば向き合うほどわからなくなり、それがすごく悔しかった」と自問自答を繰り返す時期があったことをインタビューで語っている。“なぜ歌うのか、なぜステージに立つのか”ということを改めて考え、“斉藤朱夏”という人間のいろんな側面を、本作の楽曲を通して表現することができたようだ。

誌面では『くつひも』収録曲・全6曲についても1曲ずつ本人の解説を掲載。彼女は「(本作について)もともと“言葉を大切にしたものにしたい”」と誌面で述べているとおり、等身大の斉藤朱夏が詰まった一枚を完成させた。「明るくていつも笑顔でポジティブで……って、私のことをそんなふうに見てくれてる人もいると思うけど、ちょっと意外な負の部分とか、今まで言ってこなかったような本音もいっぱい入っている。この作品を出したらどう捉えられるんだろう?って思うところもあるんですけど、でも私はみんなが受け止めてくれると信じて、その想いを(本作の音楽プロデュースや全楽曲の作詞を手掛けた)ハヤシケイ(LIVE LAB.)さんに託して歌詞にしてもらい、全力で届けるのみ」と、この言葉からも彼女が覚悟を決めて、ソロデビューに挑んでいることがわかる。

「自分と向き合えば向き合うほどわからなくなり、それがすごく悔しかった」(斉藤朱夏) © Photo by Ryo Hanabusa 「自分と向き合えば向き合うほどわからなくなり、それがすごく悔しかった」(斉藤朱夏)

注目の女性声優の素顔にスポットを当てている「My Girl」シリーズの最新号“vol.28”では、約2万字に渡るボリュームのロングインタビュー、そしてナチュラルな姿を収めた斉藤朱夏の特集に加え、南條愛乃、大橋彩香、石原夏織、伊藤美来、西田望見、高尾奏音、山崎はるか、楠田亜衣奈が登場。また、伊藤彩沙(Poppin'Party)× ゆかるん(SILENT SIREN)の特別対談も掲載している。(ザテレビジョン)

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon