古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

松山千春、急性喉頭炎の悪化で名古屋公演中止

サンケイスポーツ のロゴ サンケイスポーツ 2019/06/12 19:51 株式会社 産経デジタル

 全国ツアーを展開中のシンガー・ソングライター、松山千春(63)が急性喉頭炎の悪化で17、18日の名古屋・センチュリーホール公演を中止することが12日、発表された。

 千春は今月初旬から風邪の症状があり、診察の結果、急性喉頭炎との診断を受けた。それを受けて6日の福島・いわき芸術文化交流会館公演を中止したが、千春の強い希望で10日のグランキューブ大阪公演は強行開催した。しかし、翌11日に症状が悪化し、医師から「しばらくの間、安静が必要」と診断されたため、同日のグランキューブ大阪公演と17、18日の名古屋公演の中止を決めたという。

 チケットの払い戻しは千春の公式サイトに掲載される。ツアーは4月にスタートし、今月26、27日の札幌市民ホール公演を残している。

サンケイスポーツの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon