古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

栗山千明&安達祐実、アイドルにメロメロ!「婚外恋愛に似たもの」予告映像

シネマトゥデイ のロゴ シネマトゥデイ 2018/06/15 00:00
© シネマトゥデイ 提供

 栗山千明と安達祐実が出演するドラマ「婚外恋愛に似たもの」の予告映像が公開された。映像では、アイドルオタクにふんする栗山と安達が、男性アイドルに心を奪われる姿を見せている。同ドラマは、映像配信サービス「dtv」にて6月22日より配信される。

 同作は、アイドルに本気で恋をした“35歳オンナ”のリアルを描いたヒューマンコメディー。栗山と安達のほか、江口のりこ、平井理央、富山えり子がアイドルオタクにふんする。予告映像は、テレビ局勤務の夫を持つ主婦(栗山)が、冷めきった夫婦関係から逃避するように男性アイドルにメロメロになる場面から始まる。その後、主婦、独身、子持ちなど容姿や職業、収入、性格、生活ランクも異なる5人が、同じ男性アイドルグループのファンであるという共通点から出会い、境遇の違いを超えて友情を育んでいく様子が映し出される。

 また、映像には栗山がアイドル風なミニスカート姿を披露するインパクト大なシーンも登場。劇中に登場する男性アイドルグループ・スノーホワイツのメンバーには、Da-iCEの岩岡徹と和田颯、DearDreamの太田将熙、元α-X’sの増子敦貴と聖貴がふんしている。

 あわせて、大塚愛の「あっかん べ」が主題歌に決定したことも明らかになった。ドラマの世界観にマッチした楽曲に仕上がっており、大塚は「心の中で、『あっかん、べ』って言って涙をパールに変えてくれる曲を作ったつもりです」とコメントを寄せている。

 石原さとみ主演ドラマ「校閲ガール」の原作者・宮木あや子の同名小説をドラマ化した同作。監督を『四月は君の嘘』『ひるなかの流星』の新城毅彦、脚本を「民王」「SPEC」シリーズの西荻弓絵が務めた。(編集部・大内啓輔)

シネマトゥデイの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon